更年期障害は、ストレスとの関係が深く、ストレスを解消させることが症状の回復に繋がります。

ストレスと更年期障害の関係

閉経と環境の変化

頭を押さえる女性

女性が閉経を迎える事は自然の摂理で、女性であれば誰もが避けては通れない道です。閉経を迎える前後10年間は更年期と位置づけられ、この期間に起こるさまざまな体や心の不調を更年期障害と呼びます。更年期障害エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌量が減少する事が原因で起きると考えられています。

症状の中でも、体よりも精神的な症状が酷く現れるケースも多くあります。憂鬱や抗うつといったうつ病に似た症状が強く出る方は、ホルモンの分泌量の減少によるものよりも、心理的な要因が深く関わっている事が知られています。

この時期の女性は子育てが一段落し、子供が独立するなど家庭内の環境の変化やお仕事をされている方であれば責任が増えるなどの変化が生じやすく、今までとは生活スタイルが一変しているケースが多いのです。両親や親しい人が病気を患い看病や介護をしていたり、心労が絶えない事も少なくありません。またご自身の若さが失われていく事や女性としての存在価値を失うような気がして、過度な落ち込みや焦燥感を感じてしまう方も多いようです。

ストレスと更年期障害の関係

頭を抱える女性

それに加えご自身の考え方や長年培ってきた性格的な部分からストレスを受けやすい方ほど精神面での症状が強く出ると言われています。ストレスは交感神経を優位にしてしまい、副交感神経がうまく働かないと自律神経に乱れを起こします。その結果、更年期障害の症状を発症してしまうのです。 ストレスと更年期障害は密接に関係していると言えます。ご自身でストレスの解消法をお持ちの方は上手に切り替えができますが、ストレスの解消法がわからない、今まではそれで解消出来ていたのに、何故か上手くいかなくなる場合もあります。 日々の生活の中では、なんでも自分が望んだとおりに進むわけではありません。時には嫌な事や億劫な事もしなければならないし、人間関係の摩擦はどこへ行っても多かれ少なかれ起きます。しかし同じ出来事が起こっても受け止め方は、人それぞれ違います。非常に重く負担に受け止める方もいれば、全く動じない方もいます。それは個々の性格によって違ってきます。 周囲の方に話を聞いてもらい、心のうちを吐き出す事で気分がスッキリする事もあります。しかしなかなか解消できない時もあると思います。周囲に話しづらいと感じる場合などは、専門家やカウンセラーにアドバイスを求める事も効果的です。 とにかくストレスを溜め込まずに発散方法をご自身でいくつか見つけておきましょう。こんな時はこんな風に考えて、落ち込んでしまう事が多いなどといったご自身の考え方の傾向や癖も見直してみましょう。ストレスと上手に付き合うコツが見つかれば、自然と症状が回復に向かうかもしれません。