1. プレマリンで更年期を乗り切る TOP
  2. プレマリンの副作用

プレマリンを通販で購入する方法

プレマリンを通販で購入する方法

プレマリンは更年期障害の治療で主に使用されているホルモン剤になります。一般的には病院等での治療を受ける際に処方してもらいます。

しかし実際の所、「なかなか診察の予約がとれない」「検査をしに医療機関に行くのが恥ずかしい」「仕事が休めず通院できる時間がない」「なかなか1歩が踏み出せない」など様々な理由があると思います。

最低1ヶ月に1回通院するとしても長期間ですとなかなか面倒くさい方もいらっしゃいますよね。しかし通院しなくてはプレマリンは処方してもらえません。

個人輸入といっても、通販サイトから注文するだけですので、どなたでも簡単に購入することができます。診察や通院を必要とせず、薬のみほしい場合はこれらの通販サイトを利用するのもよいでしょう。

プレマリンの購入する方法は国内で使用している通販サイトと変わりありません。例えば「プレマリン 更年期」など検索すると該当する通販サイトが表示されるので、そこからクチコミなどを参考に気に入ったサイトを選びあとは商品を押すだけで購入できてしまいます。

国内の通販と違う所は海外から発送されているので到着までに10日~14日程掛かる場合があるので、それを頭に入れた上で長期使用する方はまとめ買いをしておくと焦らなくてよいと思います。

海外通販、個人輸入代行サイトで購入できるプレマリン

海外通販や個人輸入代行サイトなどを利用する事により日本で流通しているホルモン剤やまだ日本に流通していないホルモン剤をインターネットで簡単に購入できるようになりました。

「更年期の症状を落ち着かせたい」「男性だけど女性のような体つきになりたい」「胸を大きくしたい」などどんな理由でも聞かれる事なく購入できてしまうのがメリットでもあります。

ただ1つ注意しないといけないのは病院のように、処方箋がないので服用量を間違い副作用が強く出てしまった時は責任は購入者にあるという事です。

すでに病院で処方されたことがある方や担当医がいるなら安心できますよね。それを理解したうえで信頼の出来る通販サイトや個人輸入代行サイトを見つけて購入しましょう。

通販サイトのメリットとデメリット

メリットとは

・ネット環境さえあれば、5分~10分程で購入できてしまう。
・自宅で簡単に注文ができ、自宅に届く。
・通販サイトでは色々な種類の医薬品を購入できる。種類も豊富である。
・初診料なし、通院なしで誰にもばれずに安い値段で購入できる。
・楽天やAmazonや薬局でも買えない医薬品を簡単に購入できる。
・自己判断でプレマリンの服用を早く始める事ができ、また量も調整できる。

デメリットとは

・病院のように処方箋がないので全て自己責任になる為、副作用がもし出ても誰も責められない。
・安いという値段だけにとらわれて購入してしまうと製造年月日が古かったり、偽物を送られてしまうこともあるので極端に安い時は、気をつけましょう。

余裕がありましたら、薬を販売している製薬会社が同じか、薬の中に含まれている有効成分が同じかなど購入する前に確認するとよいかもしれないですね。プレマリンは病院で処方されるか通販のみでしか入手できません。また病院で医師の診断がなければ薬局でもは処方できません。

医療機関で処方 メリットとデメリット

医療機関で購入する場合は、病院等での治療を受ける際に処方してもらいます。

メリットとは

・医師に診察をしてもらい更年期の治療薬を処方してもらう事で、安心して服用することが出来る。
・気になることがある時は、医師にすぐに相談することもできます。持病をお持ちの方は、こちらの方法をおすすめします。

デメリットとは

・価格が高い所です。プレマリンは毎月同じ金額で処方、その他にも、診察料や初診料がプラスされます。
・診察の待ち時間が長い。
・病院で知り合いと会ってしまう確率が高い。

通販(個人輸入代行サイト)で注意する事

通販(個人輸入代行サイト)で注意する事

海外から医薬品輸入し購入する事を「個人輸入」といい、英語などで全て自分でやり取りをする人を示します。自分でやり取りが出来ない方は、海外サイトと自分の間に日本の輸入代行業者が入ってくれます。

そのような業者を「個人輸入代行」言います。個人輸入はあくまでも個人が使用するのが目的なので、お届け先も個人でないといけません。また友達の分も一緒になどといった第三者への譲り渡しや販売は薬事法で禁止されています。

また購入する際、医薬品の副作用や併用禁忌薬などもしっかり確認した上で購入しましょう。

病院と通販サイトの値段について

病院で更年期障害の診察をして貰う時は、検査なども含め、初診で3000円~5000円程度かかります。それとは別に薬代が1500円~3000円程かかります。

待ち時間も意外とあるのが病院です。通販ですとプレマリンは1錠67円~96円で購入出来ます。まとめ買いをすればするほど安くなり1箱1890円~2700円の所もあります。

通販ですと、注文しただけで商品が自宅に届くので待ち時間もなく簡単に購入出来てしまいます。

個人輸入代行サイトの上手な使い方

日本ではまだ販売されていないプレマリンのジェネリックのエストロモンや普段病院で処方されている医薬品も安く購入できてしまうのが個人輸入代行サイト。

「周りより先に使いたい」「病院に行く時間や周りにばれたくない」「すこしでも安く済ませたい」そんな方にはとても助かりますよね。商品も周りから見えないように梱包してくれるようなので安心です。

1度利用し始めたら、海外のニュースなどで新しい医薬品が出て話題になっていたら日本では購入出来ませんが個人輸入代行サイトで探したら買えてしまうかもしれませんね。

最近では、日本の方の利用も増えているようです。長く使用したい人、まとめ買いしたい人、効果のある薬を安く購入したい人は是非利用してみるとよいと思います。

今の時代インターネットで検索し欲しい商品を見つけたら購入ボタンを押すだけで簡単に自宅に荷物が届くようになり楽ができて安く買えていい事だらけですよね。