1. プレマリンで更年期を乗り切る TOP
  2. プロギノバとは

プロギノバとは

プロギノバ

プロギノバとはとは加齢と共に減少する卵巣ホルモンである「エストラジオール」が入った女性ホルモン薬になり、エストロゲンの補充をしてくれるホルモン治療療法になります。

エストラジオールとはエストロゲンを構成する主要成分の1つになります。

ホルモン治療療法とは更年期になり低下している女性ホルモンの1つであるエストロゲンを人工的に投与する事でエストロゲンの不足によって起きる様々な症状を緩和してくれる療法になります。

エストロゲンの不足により更年期障害に起こる「月経不順」「月経異常」「ほてり」「のぼせ」「冷え」「頭痛にめまい」「耳鳴り」「イライラ」といった様々な辛い症状を緩和してくれる効果があります。

その他にも性同一性障害の治療薬としても使われています。

更年期障害診断

病院に行けば更年期障害なのかはすぐにわかりますが、このサイトでも自分は更年期障害なのか知る事ができます。

男性でも女性でもこちらで10個の質問に答えていくだけで無料で調べる事ができます。

また診断結果でアドバイスも貰えるのでとても参考になります1度こちらの更年期障害診断を試してみましょう。

プロギノバの効果

閉経周辺期、閉経後女性におけるエストロゲン欠乏症に対してのホルモン補充療法になります。

将来的に骨折のリスクが高くなる骨粗しょう症の予防にも効果的です。

更年期障害への効果

女性ホルモンの1つであるエストロゲンは20代、30代をピークに徐々に減少していきます。

特に40代半ばあたりから更年期になり女性ホルモンの分泌が減少した事で生じていた辛い「ホットフラッシュ」「のぼせ」「発汗」「動悸」「めまい」「イライラ」「う つ状態」「冷え性」の症状が出てきます。

そこでプロギノバを服用する事でその辛い症状を緩和してくれるので更年期障害の治療薬にとても向いています

特に効果的なのは「ホットフラッシュ」「発汗」「動悸」の症状に関しては優れた効果が認められています。

また女性ホルモンの分泌を増やす事ができるのでその他にも「女性らしい体系を維持する」「肌のツヤやハリが出る」「代謝アップ」などにも効果が見られます。

イライラへの効果

今までは生理前にイライラしていた事が多かったと思います。それも徐々に生理周期関係なくつねにイライラするようになります。

その理由は更年期が近づき女性ホルモンが低下してしまう事でストレスに対して耐性が弱くなるのです。

イライラにも種類があり、大きく分けるとこちらの2つになります。

・イライラするとカッとなってしまう。

・イライラすると落ち込んで憂うつになってしまう。

どちらとも急に起きるので注意が必要です。

ホルモンバランスが崩れると心の乱れに繋がるのがとてもわかりますね。

【効果的な対策】

ホルモン療法(プレマリンやプロギノバ)で症状を改善する。

・更年期の症状に効果のあるサプリメントを服用し症状を緩和させる。

・食事での解消法

イライラしている方は沢山寝る事も大切です。よく寝ることでイライラ解消にも繋がります。

プロギノバの副作用

プロギノバ副作用

副作用は以下の症状が報告さています。

・「吐き気」「不正出血」「腰痛」「乳房の張りや痛み」「月経量の増加」などがあります。そして注意しなくてはいけない副作用は「血栓症」になります。

血栓症はごく稀ではありますが起きてしまった時は悪化してしまうと重篤な症状に発展する事もあるので注意が必要です。

プロギノバに限らず女性ホルモンを補充するホルモン剤やピルには血栓症のリスクがあるという事は頭に入れておきましょう。

【血栓症の初期症状】

血栓症の初期症状は下記になります。

・胸の痛み

・息苦しさ

・激しい頭痛

・ふくらはぎの痛み

・視界の異常

などになります。このような症状が少しでもある場合はすぐに服用を中止し、かかりつけの医師に相談しましょう。

プロギノバで女性化する方法

ある時を境に「女性化したい!」という方もいますよね。他にも「私は性同一性障害だから女性になりたい!」という男性もいます

どうすれば女性っぽくなれるのか。胸が大きくなれば女性っぽい?それはただの胸の大きい男性です。

「女性らしく」というのは、肌のキメ細やかさや弾力性も関係してきます。

女性らしい体つきになりたい方はエストロゲンがとても大事になってきます。

プロギノバで女性ホルモンであるエストロゲンを増やしてあげる事で女性らしい体つきを手に入れることができます。

1番安心なのはホルモン注射などがありますが値段も高いので長期間続けるのが大変になってきます。

今女性になりたい男性の方に人気なのはプロギノバ、エストロモン、プレモンなどが人気です。

プロギノバの飲み方

プロギノバの飲み方

ブロギノバは1日1錠を水またはぬるま湯で服用しましょう。

毎日決まった時間に服用すると効果的です。

ホルモン補充療法の際の飲み方は症状の現れ方や経過により服用方法もかわってきます。症状にあった服用量を守りましょう

容量を守らずに過激に摂取してしまった場合は、逆にホルモンバランスを崩しかねませんので注意しましょう。

プロギノバの服用時の注意点

下記に当てはまる方は注意が必要です。

・妊娠中、授乳中の方。

・子宮がん、乳がんの既往歴がある、その疑いがある方。

・急性肝疾患、慢性肝疾患を患っている方。

・血栓症の疾患を持っている方。

プロギノバの服用禁止

プロギノバと軽口避妊薬との併用は禁止されています。

プロギノバの服用注意

プロギノバは以下の薬との併用に注意が必要です。一緒に服用する事でプロギノバの作用が減弱されてしまう可能性があります。

・抗てんかん薬(フェニトイン、ヒダントイン、プリミドン、フェノバルビタール、カルバマゼピン)

・HIVプロテアーゼ阻害薬 (ネルフィナビル、リトナビル)

・抗生物質(ペニシリン、テトラサイクリン系)

・抗結核薬(リファンピシン、リファブチン)

・睡眠補助薬(アモバルビタールなどのバルビツール酸系)

・セイヨウオトギリソウ

になります。上記に当てはまる薬を服用している方は医師と相談しましょう。

プレマリンとプロギノバの違い

プレマリンとプロギノバの違いとはなにがあるのか。簡単に説明したいと思います。

プレマリンは女性ホルモンの1種であるエストロゲンを補う為のホルモン補充薬の中でも代表的な薬になります。

プレマリンの値段は1錠あたり67円~96円になり、まとめ買いをすればする程どんどん安くなっていきます。

プレマリンはもっとも利用者が多く古くから使用されています。

更年期になり病院でもよく処方されるのはプレマリンになります。

次にプロギノバは成分にエストラジオールが使われている錠剤タイプのホルモン補充薬になります。

エストラジオールは女性ホルモンの1種になり、女性の体にとって重要な役割を果たしています。またエストラジオールはエストロゲンを活性させる作用が強く、ホルモン剤の中でも効果の高い薬になります。

プロギノバの値段は1錠あたり45円~64円になり、まとめ買いをすればする程どんどん安くなっていきます。

もしプレマリンで効果がいまいち感じられなかった方により効果の高いプロギノバをオススメします。

プロギノバは男性も服用できます

「女性のように綺麗になりたい」このような気持ちを抱えている男性は当然の感情だと思います。「プニプニした腕」「ふっくらした胸」は女性化したい方には夢の夢ですよね。

ではどうすればこのような夢の体系を手にいれる事ができるのか。

それは女性ホルモンを摂取する事で夢が叶います。摂取方法は下記のような方法があります。

・女性ホルモン剤(プロギノバ、プレマリン、エストロモン、プレモン)などを摂取する。

・ホルモン注射で体内に直接女性ホルモンを送りこみます。

体に女性ホルモンを入れ込む事で下記のような効果が見られます

・バストアップ

・筋肉が落ち脂肪がつきやすくなる。

・体毛が薄くなる。

・肌が白くなる。

想像しただけで女性に近づけているのが分かりますよね。

女性化したい方は是非ためしてみましょう。

プロギノバを通販で購入

海外医薬品の通販と聞くと英語でやり取りしているイメージがあり購入手続きに関しても簡単にはできないイメージがあると思います。

実はそのイメージは間違っています。

最近の海外医薬品の通販サイトは普段利用しているような通常の通販サイトのようにサイト内はすべて日本語で記載されておりamazonや楽天で購入するように手軽に出来てしまいます。

プロギノバも通販サイトで購入できます。サイトにより値段の設定は様々なようなので購入時に少し悩んでしまいます。

安すぎるのも怖いですし、高すぎるのも不安なので購入する際は間の価格を見つけ、その通販サイトの評判や、商品にたいしての口コミなどをチェックしましょう。

信用できるサイト探しは最初はとても大変ですが1回購入してしまえば、安心してリピート購入もできます。

購入の際の注意点は下記になります。

・たどたどしい日本語のサイトには気をつけましょう。

・安すぎるサイトには気をつけましょう。

・商品の口コミなどをチェックし信頼できるサイトか確認しましょう。

安心して購入できるサイトが見つかるとよいですね。

プロギノバのまとめ

プロギノバは病院でも更年期障害の症状が酷い方には処方されている女性ホルモン薬になります。

今まで他のホルモン補充薬を服用しても効果がなかった方にオススメなほどしっかりとした効果を発揮できます。

しかし副作用のリスクもあがる事は頭にいれておきましょう。

ホルモン補充療法を行う事で更年期の症状である「ほてり」「のぼせ」「イライラ」「不眠」「冷え」「めまい」などの今まで辛かった症状が落ち着いてくるので、普段の生活も変わってきます

以前のように沢山笑い、楽しい毎日を過ごしていきたいですね。