1. プレマリンで更年期を乗り切る TOP
  2. 男性更年期障害

男性更年期障害

男性更年期障害とは

悩む男性

更年期障害と聞くと女性特有のものというイメージをお持ちの方がほとんどではないでしょうか?しかし、実は男性にも更年期障害はあるのです。

男性にもあるの?と驚く方も多いかと思います。女性は閉経に向けて卵巣の機能が低下し女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少する事で更年期障害を発症します。

男性の更年期障害」は「LOH症候群」ともいわれており、男性ホルモンであるテストステロンが大きく影響しています。人生で一番テストステロンの数値が高い時は20代で、テストステロンの分泌量や減少し始める年齢には個人差がありますが、40代~60代位になると男性ホルモンであるテストステロンの分泌が減少します。

減少してしまうと、性欲の減退やEDなどと結びつけられるだけで、命に別状はないものと思われがちですが、実は談税ホルモンは性的な部分だけではなく精神にも影響を及ぼしている要素で、思いがけないところまで影響してくるのです。

また男性更年期障害は認知度が低く、ご自身やご家族が気づきにくく、放置してしまい原因不明の体調不良を抱えてしまう場合が多いのです。まだまだ働き盛りの年代の場合は仕事や日常生活に支障をきたす程、辛い症状が続く場合があります。また、加齢のせいだから仕方ないと考えてしまいがちです。

男性更年期障害の症状

男性の更年期障害の症状は主に身体の症状、精神的な症状、性の症状に現れます。女性の更年期障害の症状と似ている点もいくつかあります。また男性特有の症状もあります。

【身体の症状】

•眠れない
•ほてりや発汗
•めまいや頭痛
•疲労感
身体の症状は女性の症状と似ているところがありますよね。その他ですと、筋力の低下によって疲労感が起きたり、不眠に繋がる事もあります。

【精神的症状】

・訳もなくイライラしてしまう
・八つ当たりが増えた
・不安を感じる事がある
・些細な事がきっかけでパニックになる
・やる気がなくなる
・落ち込む事が増える
この症状は非常に「うつ」の状態に似ています。更年期障害はテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの値が下がり「うつ」状態になる事があるのです。

【性の症状】

・性欲や性的衝動が減少した
・性行為中、最期まで勃起を維持できない
・頻尿になっている
・朝立ちの回数が減った
男性特有の症状として性的な症状が現れる事があり、ホルモンが減少する事により、こういった性的な症状がみられるのです。更年期障害が原因でEDにになる方も増えています。

男性更年期障害の症状別対策

頭を抱える男性

【男性の更年期障害と、めまいや耳鳴り】

男性更年期の場合は、男性ホルモン(テストステロン)が減少する事で、脳の視床下部が混乱し、自律神経が乱れてしまい、めまいなどの症状が起きてしまいます。

今では働き盛りの40代から少しずつ体に異常を生じさせ、70代をピークに更年期の症状である「めまい」が出てくる事が分かりました。

男性のめまいの特徴は、体が浮いているようなフワフワした感じが特徴です。

【対策】

めまいが起きた時には近くに何かつかめる物があればそこのある物に、しがみつくようにし治まるまでは、動かないようにしましょう。

【男性の更年期障害と、睡眠障害】

男性の更年期障害が発症すると、睡眠に大きな影響を及ぼす事があります。「夜眠れない」「夜中に何度も目が覚める」「早朝に目が覚めてしまう」といった熟睡感が感じられないことがあります。

睡眠の質が悪いと、日常生活にも支障をきたしてきます。睡眠障害の原因はストレスによるホルモンバランスの崩れが大きく関係しています。男性の更年期障害は男性ホルモンである、テストステロンの分泌量が減ることでも発症します。

【対策】

・睡眠障害は、ストレスやうつ病、などといった精神的、心理的要因が原因となる事が多いので、精神を安定させる安定剤や入眠しやすくする睡眠導入剤を服用する事で解消します。

そのほかですと、ホルモン補充療法や適度な運動をする事で症状は改善します。もし睡眠導入剤などに抵抗がある方はぜひホルモン補充療法(セルノスジェル)を試してみてください。

【男性の更年期障害と、性機能低下とED(勃起不全)】

男性の更年期障害で、なぜ性機能低下やED(勃起不全)の症状が起きてしまうのか?大きな原因は男性ホルモンの分泌量が減少しているからです。

男性ホルモンと言っても沢山種類がありますが、関係してくるのはテストステロンという男性ホルモンが深く関係しています。テストステロンは生殖機能の働きや髭、筋肉といった男らしさを作ってくれます。

しかし年齢と共に分泌量は少しづつ減少していきます。そして一定以下になると更年期障害の症状が出やすくなってしまうのです。

生殖機能の働きは影響が受けやすいので性機能低下やED(勃起不全)の症状が現れやすくなってしまうのです。

【対策】

・血液の状態を良くする事で、ペニスの動脈硬化を改善、予防する事ができます。EDの改善には、セルノスジェルや、バイアグラがオススメです。

男性更年期障害が起こりやすい人の特徴

現代では中高年の6人に1人が男性更年期障害の危険があると言われています。ではいったい、どんなタイプの人がなりやすいのでしょうか?

【こんな人が男性更年期障害になりやすい】

男性更年期障害には起こりやすい性格があるのを知っていましたか?

それは「プライドが高い」「几帳面」「競争心が人一倍ある」「責任感が強い」といった性格の方が男性更年期障害になりやすいのです。

それはなぜかというと、こういった性格の方は、立場や性格から多大なるストレスを知らず知らずのうちに溜めこみやすいのです。

そこから自律神経が乱れる事により更年期障害が現れやすくなります。他にも、デスクワーク中心で運動習慣の無い人も発症率が高くなっています。

1日30分程度運動や体操をするだけで、なりにくくなったり、症状が緩和される事があります。

【こんな人が男性更年期障害になりにくい】

男性の更年期障害はなりにくい人もいます。それはどういった人なのでしょう?性格で言うと「おおらかな人」「小さい事はきにしない」「自分と他人を比較しない」要はストレスがたまらない人ですね。

他にも適度な運動をしている人もなりにくいといわれています。特に、自衛官や消防士、体育の教師など体を動かす事を仕事にしている人は更年期障害になりにくいのです。

男性更年期障害の治療方法

男性の更年期障害も女性と同様に治療することが可能です。健康診断などで特に体に異常がないのに、体調不良が続く場合は年だから仕方がないと諦めたりせずに、男性更年期障害を疑ってみましょう。泌尿器科などを受診し、血液検査などでテストステロンの数値を調べることで、判断ができます。

治療の方法はテストステロンを補充する方法が一般的です。不足した男性ホルモンを体内に補充することで更年期障害の症状を改善することに期待が持てます。気になる副作用には、多血症や肝機能、脂質代謝の異常、前立腺肥大症や前立腺がんの悪化、睡眠時無呼吸症候群を悪化させる可能性があります。

またテストステロンを補充する治療を行うと、精子が減少する可能性があるので、お子さんを望んでいる場合は治療を受けることは出来ません。他にも持病などによりテストステロンを補充する治療が出来ない場合は、漢方薬を使用する方法もありますので、医師の判断を仰ぎましょう。

男性更年期障害の治療薬にはセルノスジェル

セルノスジェル

セルノスジェルは、男性ホルモンである、テストテロンを溶かしたジェルです。セルノスジェルは加齢により減少していく男性ホルモンである、テストテロンを正常値まで回復させる薬です。

テストテロンは男性らしさを出してくれるホルモンで「筋肉の増強」「体毛の増加」「性欲の増進」に作用します。テストテロンは男性ホルモンである、睾丸や腎臓で分泌されるホルモンで20代をピークに右肩下がりに減少していく傾向があります。

減少により、男性は、更年期障害を起こし、更年期ならではの症状の、うつに悩まされる方が増えています。テストテロンを服用する事で、男性ホルモンを補充し様々な不快な症状を和らげてくれるお薬になります。

【使用方法】

セルノスジェルはジェルのため、肩などに添付するだけでよいのです。

自宅で簡単に購入ができ使用する事ができます。服用タイプではないので、肝臓にも負担がかかりません。また病院では180日分、処方する所もあるので副作用もマイルドで安全性があるのが魅力です。

男性更年期障害とストレスについて

現在世の中ではどこの会社でもストレス社会と言われていますよね。「上司との関係がうまくいかない」「部下が言い返してくる」間に居る自分はストレスだらけ。そういう方多くないですか?きっとほとんどの人がそうだと思います。

実はストレスと更年期障害に大きく関わってくるのです。自律神経の乱れが起きて、男性ホルモンの分泌量が減り、ホルモンバランスが乱れはじめます。

このようにストレスがきっかけで更年期障害が悪化させる事もあるようです。可能ならば、ストレスの対処法は何が原因なのか自分で分析し常に前向きな生き方を日頃から心がける事が大切とされています。なるべくストレスは溜めず発散させましょう。

自分は男性更年期障害なのか?

自分は男性更年期障害なのか?

まずは病院に行く前にこちらのチェックシートをやってみて下さい。もしいくつか当てはまるようなら更年期障害の疑いがあります。ちなみに正確な結果を知るには検査費用は2万円位と言われています。

男性更年期障害に効く食べ物とは

男性更年期障害を防ぐ食べ物があるようです。実は更年期には食事がとても大切で予防や改善にも効果があると言われているのです。

例えば、にんにく、タマネギ、ネギ類といった物になります。他にも、ブロッコリーやキャベツもテストステロンを増やすのに効果的と言われてます。逆効果なのは脂肪やアルコールなので注意しましょう。

食生活を見直して「テストステロン」を増やす食べ物を摂取し予防や改善をしたいですよね。

男性の更年期障害のまとめ

男性の更年期は気づきにくいとよく言われています。その理由としては家族の大黒柱でもあり家族を全力で養ってきた男性ほど自分が更年期だとは認めず、放置してしまうようです。

そんな事もあり予防などもせず症状が悪化してしまっている事が多いのです。今まで穏やかだった人が急に短期になったり意欲がなくなったりと、そんな姿が見られた時は周りが気づいてあげても良いのかもしれませんね。

また女性の更年期障害は数年で終わるのに対し男性は長期間続く可能性があるようです。まだまだ働き盛りの方にはなにか対策を考えたいところですよね。男性の更年期障害では、年齢と共に減っていくテストステロン。

これは、普段から対策ができるようです。例えば「人と接する場を増やす」「体操などをし体を動かし筋肉を使う」「異性と関わるようにする」といったところで分泌が促される事が実験で証明されているようです。

なお、対策しないと「動脈硬化」や「認知症」にも繋がってしまうと言われています。ところでテストステロンが体内でどう作用するか知っていますか?実は男性の20%の人が性欲も低下してしまったり、勃起障害が起きているようです。

男性にとって大きな問題である勃起障害にはバイアグラやジェネリックのカマグラなどが効果があります。よく耳にする医薬品なので1度は使用してみたいですよね。