男性にも更年期障害はあり、テストステロンを補充することで治療を行います。

男性更年期障害

男性更年期障害とは

悩む男性

更年期障害と聞くと女性特有のものというイメージをお持ちの方がほとんどではないでしょうか?しかし、実は男性にも更年期障害はあるのです。

男性にもあるの?と驚く方も多いかと思います。女性は閉経に向けて卵巣の機能が低下し女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少する事で更年期障害を発症します。男性の場合、もちろん閉経はあり得ませんが、40代~60代位になると男性ホルモンであるテストステロンの分泌が減少します。テストステロンの分泌量や減少し始める年齢には個人差がありさまざまです。

女性は閉経を挟んだ前後10年間の期間を更年期と位置づけこの時期の不調を更年期障害と呼んでいるので、おおよその始まりや終わりの目安がつき、ある程度時期が判断出来ます。しかし男性の場合はいつ発症するか目安がないのが実情です。時期もそうですが、症状にも個人差があり、40代で体の不調を感じる方もいれば、60代になっても全く症状がない方もいらっしゃいます。

また男性更年期障害は認知度が低く、ご自身やご家族が気づきにくく、放置してしまい原因不明の体調不良を抱えてしまう場合が多いのです。まだまだ働き盛りの年代の場合は仕事や日常生活に支障をきたす程、辛い症状が続く場合があります。また、加齢のせいだから仕方ないと考えてしまいがちです。

男性更年期障害の症状

症状は主に身体的、精神的、性関連に現れます。疲れやすく疲労感が抜けない、体の火照りやのぼせ、憂鬱、イライラ感、集中力の低下、好きだったことに関心がなくなる、やる気が出ない、不眠、性欲の低下、勃起不全などが挙げられます。女性の更年期障害の症状と似ている点もいくつかありますね。

男性更年期障害の治療方法

男性の更年期障害も女性と同様に治療することが可能です。健康診断などで特に体に異常がないのに、体調不良が続く場合は年だから仕方がないと諦めたりせずに、男性更年期障害を疑ってみましょう。泌尿器科などを受診し、血液検査などでテストステロンの数値を調べることで、判断ができます。

治療の方法はテストステロンを補充する方法が一般的です。不足した男性ホルモンを体内に補充することで更年期障害の症状を改善することに期待が持てます。気になる副作用には、多血症や肝機能、脂質代謝の異常、前立腺肥大症や前立腺がんの悪化、睡眠時無呼吸症候群を悪化させる可能性があります。

またテストステロンを補充する治療を行うと、精子が減少する可能性があるので、お子さんを望んでいる場合は治療を受けることは出来ません。他にも持病などによりテストステロンを補充する治療が出来ない場合は、漢方薬を使用する方法もありますので、医師の判断を仰ぎましょう。