1. プレマリンで更年期を乗り切る TOP
  2. 更年期障害の改善にはプレマリン

更年期障害の改善にはプレマリン

更年期障害の改善にはプレマリン

更年期障害の治療にはHRTというホルモン補充療法が用いられます。HRTに使用されるのが多いのはプレマリンです。

プレマリンとは結合型のエストロゲンを成分としているので服用する事で、加齢からくるほてりやだるさといった様々な症状を軽減または改善してくれます。

まずは自分が更年期障害か診断してしてみましょう。診断の最後にはアドバイスも貰えますよ。

プレマリンの効果・効能

プレマリンの効果と効能は、閉経前後に少量を用いる事で更年期障害の緩和のみならず、卵巣欠落症状や機能性子宮出血、他にも卵巣機能不全症の治療にも使用されています。

また長期続ける事で骨粗しょう症の予防効果も期待できます。体内で活性のエストラ時オールに転換されて効果を発揮します。その他にも閉経後の末期乳がん、前立腺がんなどにも適用されています。

他には更年期障害の改善だけではなく不妊治療にも用いられる医薬品なので、自然と排卵や生理を起こすサポートもしてくれます。泌尿生殖器の萎縮にともなう膣の乾燥感や尿失禁にも効果があります。

更年期の治療にはプレマリン

更年期障害の治療費っていったいいくら掛かるの?高いの?と気になりながらもなかなか足が進まないのが現実。実際の費用は病院によって金額は変わりますが、保険適用で5000円~10000円程みといてもらえればよいかと思います。

しかし大切な時間を使い、勇気を出して病院に行くものの、「更年期障害」と診断されプレマリンを処方されるのは重度な症状の方で、2割か3割の方と言われています。

残りの8割の方はホルモン療法を受ける事が出来ないのです。漢方や、ピルなどのホルモン療法以外の治療が開始されます。では残りの8割の方の辛い不調はどうすればよいのでしょうか。

処方なしで帰らなくてはいけない事もあります。そこで今増えているのは少しでも症状を抑えたい、改善したいと通販を利用される方が増えているのです。通販なら軽度、重度など関係なく購入出来ます。

またまとめて購入する事で、病院に行くより安く済んでしまいます。ちなみに通販で処方されているプレマリンを購入すると1ヶ月2700円。2ヶ月5130円。3ヶ月7290円

なんとまとめて購入すればするほどどんどん安くなり、1錠あたりも67円~96円になります。1度検討してみるのもよいかと思います。

プレマリンを通販で購入する方法

プレマリンを通販で購入する方法

プレマリンを通販で購入する方法は、一般的には病院等での治療を受ける際に処方してもらいます。また、それ以外にも個人輸入によって薬を購入することも可能です。

個人輸入といっても、通販サイトから注文するだけですので、どなたでも簡単に購入することができます。診察を必要とせず、薬のみほしい場合はこれらの通販サイトを利用するのもよいでしょう。

また、個人輸入を利用することで、ジェネリック薬品を購入することも可能です。病院で処方してもらうには色々な検査もありなんだかんだとお金がかかってしまいます。

通販はサイトによって値段もバラバラですが、とても安く入手できるのは間違いないです。自分が信用できるサイトを見つけ購入する事をおすすめします。

プレマリンの服用方法(飲み方)

プレマリンの服用方法は1日1~2錠を水、またはぬるま湯で服用します。服用しはじめるタイミングは更年期障害の症状を軽減したいならば閉経する前後です。しかしプレマリンは目的や症状によって服用する量もタイミングも個々によって違うのです。目的や症状によっては、掛かりつけの医師にご相談下さい。

そして服用するにあたり飲み忘れをしない事が大切です。勝手な自己判断で服用したり、しなかったりしてしまうと、思惑通りには改善していきませんので注意して下さい。

ホルモン薬は多く摂れば女性化できるというものではなく、同じペースで同じ量を長く摂取する事が最大のコツになりますので最低でも1ヶ月は同じペースで続けましょう。

またプレマリンは服用してはいけない方もいます。プレマリン錠も薬品ですから禁忌があります。

プレマリンの主成分エストロゲン

プレマリンの主成分であるエストロゲンは発情行動を起こさせるホルモンとして発見されました。その他の言い方で卵巣ホルモンとも言います。のぼせや、情緒不安定、不眠症といった症状を和らげてくれます。また女性の骨粗しょう症や、アルツハイマー病、心臓病、うつ病などの病気を防いでくれる効果を持っています。

エストロゲンにはE1(エスとロン)E2(エストラジオール)E3(エストリオール)の3種類があります。閉経後の女性は主にE1 が体の中で作られています。ちなみにこのエストロゲンが減少する事で更年期が起きてしまいます。

外部からエストロゲンそのものを摂取する事はできませんが近い働きをしている成分を外部から摂取する事は可能です。例えば大豆に多く含まれているイソフラボンには植物性エストロゲンと言われています。

プレマリンの副作用

プレマリンの副作用

プレマリンの副作用に関しては、プレマリンは用法、用量を守り、短期間服用する分には副作用はほぼ起きる事はないと言われていますが、効果の反面、副作用はついてまわります。

下記のような副作用が報告されています。頭痛、めまい、腹痛、食欲不振、乳房の張りや痛み、血栓症や吐き気などのホルモン剤特有の症状が現れます。血栓症は定期健診を受けるなどして予防できるので、服用する前に検査を忘れる事のないようにしてください。

その他には長期間のホルモン補充療法により、乳癌のリスクが少し高まる可能性があります。もし服用後に異変を感じた時は掛かりつけの医師にご相談下さい。

更年期に効く、プレマリンと命の母の違い

更年期の辛い症状の改善にはプレマリン、命の母が有名で、よく耳にしていると思います。値段はプレマリンも、命の母もさほどかわりません。では何が違うのか?

副作用に関しては、プレマリンと、命の母は「太る」とよく言われていますが、プレマリンは一時的な変化であり、全ての人が起きるわけではありません。

最大の違いは服用する錠剤の量になります。「プレマリンは1日1錠」に対し「命の母は1日4錠を3回ずつ」になります。これだとこっそり飲む事ができませんよね。

職場で飲んでいたら「なんの薬?」と絶対聞かれます。また飲み忘れも出てくると思います。周りにばれずに改善したい方は1日1錠のプレマリンをオススメします。

プレマリンのジェネリック・エストロモン

エストロモン

ジェネリック(エストロモン)とは後発医薬品の事で、新薬(プレマリン)の特許が切れたあとに同じ成分で製造され、販売された医薬品の事です。エストロモンは結合型エストロゲンを有効成分とする医薬品の1つになります。

プレマリンのジェネリックであるエストロモンは、プレマリンと全く同じ有効成分が含まれているため、同じ効果が期待できます。

女性ホルモンを補う為の医薬品で更年期障害のイライラや肩こり、汗などの症状を和らげてくれます。

ジェネリックの薬品なので、価格が非常に安く済む事もありとても人気のある医薬品です。エストロモンは日本国内では承認されてない海外のジェネリック医薬品になりますので国内で処方できません。

しかし個人輸入代行者を利用する事で入手できます。しかしやすい反面偽物が販売されているので気をつけて下さい。

プレマリンのジェネリック・プレモン

エストロモン

プレマリンのジェネリックであるプレモンには、プレマリン同様のエストロゲンが含まれていますので、同じ効果を発揮してくれます。

プレモンの魅力はなんといっても安い所です。エストロモンを服用していた方も安いプレモンに切り替える人が増えました。

一時期は人気が出すぎてしまい、通販サイトで売り切れ続出でした。1錠28円~40円のエストロモン。1錠19円~24円のプレモン。どちらもお買い得ですが、この際に切り替えたい方にオススメです。

更年期障害の症状を緩和する以外にも、男の娘(女性になりたい男の子)にも人気が出てきています。

プレマリン体験談

若年性更年期の方から、更年期障害の方までの辛い症状を和らげてくれる効果を持つプレマリン。実際に服用してみてどうだったか、プレマリンを服用した方の体験談をご紹介します。

プレマリンQ&A

プレマリンに関してのよくある質問と答えをまとめました。

Q:プレマリンは授乳中に服用可能でしょうか?

A:授乳中に関しては注意喚起されていないので服用しても、問題ありません。

服用しても問題はありませんが、医師に授乳中の服用に関して伝えていますか?伝えた上での服用ならば問題ありませんが、もし伝えてないのであれば念のために医師に伝え指示を仰ぎましょう。

Q:プレマリンを服用していますが、乳癌が心配です。

A:乳癌の発生率は自然発生率と変わらないとされています。

ただし乳癌を持った人、乳癌の手術を行った後の人は進行を促進する傾向にあると言われています。この2点に気をつければ、エストロゲンを投与する事を控えることはしなくて平気です。

Q:プレマリンは市販薬と一緒に服用しても平気?

A:例えば解熱鎮痛剤などは長期間服用してしまうと胃への負担が大きくなります。

ロキソニン、ボルタレンなどは長期間服用すると胃炎を起こしてしまう事があるので、一緒に服用する際は気をつけましょう。プレマリンには副作用で吐き気があります。

胃腸炎に関しては吐き気に関して治療できる効果があるので飲み合わせはいいといえます。もしプレマリンの服用で食欲不振や吐き気などの副作用が出てしまった時はケースによって様々な種類を適用しましょう。

【食欲不振】・・・胃の働きを助ける、健胃薬や健胃消化薬。
【吐き気】・・・・様々な症状に対応できる総合胃腸薬。

プレマリンで更年期障害を簡単改善

プレマリンは卵胞ホルモンを含んだ薬で昔からある治療薬であり、更年期の症状である「冷え」「動悸」「めまい」「不眠」「イライラ」の症状を和らげてくれ不快さをなくしてくれます。

プレマリンは他にも卵巣欠落症状や卵巣機能不全症に対しても有効性が認められています。その上機能性子宮出血にも効果があるので広い分野で女性ホルモン補充療法として使用されています。

更に長期服用する事で骨粗しょう症の予防にもなる為、骨折予防にも繋がります。他にもプレマリンのジェネリックでエストロモンも販売されています。更年期障害を乗り切り素敵な毎日を過ごしましょう。