1. プレマリンで更年期を乗り切る TOP
  2. 若年性更年期障害とは

若年性更年期障害とは

閉経と更年期障害

日本人女性が閉経を迎える平均年齢は50歳前後で、閉経を迎える前後10年間程度の期間を更年期と呼んでいます。更年期になると卵巣の機能が徐々に低下し、閉経が近づくと卵巣から分泌されるエストロゲンの分泌量が激減します。

しかし脳からは今まで通り、エストロゲンの分泌を促す指示が出されます。卵巣からエストロゲンを分泌する事が出来ないのに、脳からは卵巣を刺激するホルモンが分泌され続ける結果、ホルモンバランスが崩れることにより自律神経が乱れ、体や心に不調が現れます。

代表的な症状は、イライラ感、火照り、手足の冷え、頭痛、肩こり、不安感で、中には鬱病のような症状が起こる方もいらっしゃいます。これらの症状を更年期障害と呼んでいます。

若年性更年期障害チェック

まずは自分で自己判断してみましょう。下記のような症状が出ていたら、若年性更年期障害の可能性があります。

まず病院へ行く前にチェックしてみましょう。

【若年性更年期障害のチェックリスト】

・人と話すことが億劫になりはじめた

・月経不順や月経痛が時々ある

・笑うことが減ってきた

・腰痛や肩こりが治らない

・食欲がなくなった

・胃痛や頭痛がある

・家事や仕事をさぼりたくなる

・イライラする

・抜け毛や白髪が増えはじめた

・疲れがあまりとれない

・寝付きが悪い

・著しい体重の変化がある

・便秘や下痢になりやすい

・集中力や注意力がなくなった

・のぼせやめまい、耳鳴りがする

・気持ちが落ち込むことが多い

・肌荒れが治らない

・トイレに行く回数が増えた

・ドライアイ、ドライマウスになる

5個以上当てはまる方は要注意になります。

若年性更年期障害

悩む女性

更年期障害は早い人であれば40代に入った頃から現れますが、20代や30代でもこのような症状を発症する方もいらっしゃいます。若年性更年期障害とはその名の通り若い世代の方に更年期障害と同じような症状が現れる事です。医学的には最後に生理が来てから1年以上生理が来ない場合、閉経したと定義がされています。43歳までに閉経を迎えることを早発閉経と呼び、病的な意味合いで考えられています。

早発閉経になる方はごく稀ですが、中には実際に早期閉経する方がいらっしゃるのも事実です。その場合、30代後半から更年期障害の症状が現れてしまうこともあります。

若年性更年期の原因(女性)

若年性更年期の原因は、さまざまですが、ストレスや過度なダイエットにより体の栄養状態が悪い場合、食事をはじめ生活習慣の乱れなどが挙げられます。女性が仕事を持つ事が当たり前になり、男性と同じように仕事をし、その上家事や育児もこなしているといった女性も少なくありません。仕事や人間関係、日常生活でストレスが溜まった状態が続いている可能性もあります。

女性の体は非常にデリケートで、風邪と引いた、ショックな出来事があった、忙しくてあまり睡眠が取れていないなどちょっとした事でも生理が遅れたり、逆に早まったりします。このような経験は誰にでもあるのではないでしょうか?

それらのことが、卵巣の機能を低下させたり、卵巣の機能は特に問題がなくてもホルモンバランスを乱す事に繋がります。ホルモンバランスが乱れてしまうと、自律神経のバランスもおかしくなり、更年期と似通った症状が出現すると考えられています。

若年性更年期障害の原因(男性)

体の衰えなんてまだまだ先だと思っている20~30代の男性の方いませんか?理由の分からない不調に最近悩んではいませんか?

例えば「なんとなくだけどダルイ」「肩がこる」「集中力がなくなってきた」などといった症状を放置していると、男性の場合は女性とは違う症状が出てきます。

若年性更年期障害の主な原因は「ストレス」がやはり一番大きいと言われています。一番深刻な症状は、ED(勃起不全、勃起障害)性欲減退などの性機能障害になります。

特に若年性更年期障害の場合のEDは、男としての自信を失わせてしまったり、トラウマになり、精神的に落ち込んでしまう方が増えています。EDの治療もしながら、男性ホルモンを増やしてあげる事が大切です。

男性の場合は、体の不調は「内科」。EDに関しては「泌尿器科」。精神的な落ち込みがある時は「診療内科」で診察してもらえます。しかし正直な所、男性は病院嫌いな方も多いと思います。

なにより、時間がもったいないし、面倒くさいですよね。そんな方には通販で簡単に購入できてしまうので、そちらをオススメします。男性の若年性更年期障害を治すには、「バイアグラ」や「セルノスジェル」が改善、予防をしてくれます。

更年期障害と若年性更年期障害の違い

更年期障害と若年性更年期障害は両方とも女性ホルモンの乱れが原因になります。しかし原因には大きな違いがあります。

更年期障害は「加齢」による卵巣の機能低下が主な原因になります。

一方で若年性更年期障害は「自律神経の乱れ」により卵巣の機能が低下し女性ホルモンが乱れてしまうのが原因になります。

無月経はいつから?生理不順との違いは?

若年性更年期障害の事を知るうえで「生理不順」「無月経」の違いを知っておくことが大切になります。

【生理不順とは】

・生理に対し期間が長い。

・生理に対し期間が短い。

・生理の周期が長い。

・生理の周期が短い。

1ヶ月生理が来なくて、遅れてきた。これは無月経とは言いません。

【無月経とは】

・3ヶ月生理が来ない。

【早期閉経とは】

・閉経の定義は医学的に「1年間月経が無いこと」になります。

早期閉経が若い年齢の方にも増えてきています。20代では1000人に1人30代では100人に1人。30代なのに閉経してしまう方が最近増えています。

月経前症候群PMSの可能性もあります。

月経前症候群PMSとは月経が近くなると不快な症状が体にでて日常生活に支障を与える状態をPMSといいます。「イライラ」「不安」「気分が落ち込む」といった症状が出てきます。こうみると更年期障害の症状と一致します。

実は更年期障害とPMSの症状を区別するのはとても難しいとされています。

若年性更年期障害になりやすい人

若年性更年期障害になりやすい人は、以下になります。

【肥満者、もしくは、痩せすぎ】

女性の肥満な方の4割以上に、排卵障害が見られます。逆に過度なダイエットで急激に痩せてしまったり、リバウンドや暴飲暴食で太る事で、体に大きなダメージを与えてしまいます。また、激しい体重の変化はホルモンバランスを崩し生理がとまることがあります。健康生活に心掛け、適度な体重を維持する事はとても大切です。

【過激な運動をしている人】

スポーツをやられている方の仲には、激しいトレーニングや食事制限に励みます。そのせいでホルモンバランスを崩してしまうことがあります。運動もすることは大切ですが、適度に動かしましょう。

【喫煙者】

喫煙する事で卵巣にめぐる血液の量を減少させてしまいます。その結果、卵巣機能が低下しホルモンの分泌に悪影響を与えています。禁煙、もしくは喫煙する回数を減らしましょう。

【ストレス】

ストレスは大きな社会の問題になっていますね。職場のプレッシャーだけではなく、家事や子育ても同時にこなす必要があります。精神的に参ってしまい、直接ホルモンの分泌に悪影響を及ぼす例がよく見られます。

若年性更年期障害にならないためには?

若年性更年期障害にならないためにはまず規則正しい生活をするように心掛けましょう。普段の生活の見直しがとても大事になってきます。

若年性更年期障害には上記であげた以外にも原因があるとされています。

その他の原因(初潮年齢の若年化)

若年性更年期障害が増えている原因の1つとして初潮年齢の若年化があがっています。女性には産まれた時に卵子になる細胞が200万個もっており思春期になると30万個程に減ってしまいます

最近では10歳で初潮を迎える女性も増えており、初潮が早く始まるという事は排卵される卵子も早くなくなってしまいます

すると30代でも卵子の数がゼロに近くなる事もあります。

卵子の数がゼロになってしまうと自然と閉経が始まってきます。この事から最近では年齢が若くても若年性更年期障害になる可能性が高くなっているのです。

若年性更年期障害の緩和方法

更年期障害になるとほんのちょっとの事でもイライラする事も増え、落ち込んだりと気分も激しくなります。

若年性更年期障害の方ももし上記のような症状が出てきた時は、自分なりの緩和方法を見つけると同時に下記の事も試してみましょう

・しっかり休みましょう。無理は禁物です

・睡眠はしっかりとりましょう

・ストレスは溜め込まないようにしましょう

・適度な運動をする事で汗をかきましょう

なにより大事なのは無理はしてはいけないのです。これが1番大切になります。

若年性更年期障害に似た病気

実は若年性更年期障害に似た病気があるのを知っていますか?例えば「うつ病」「月経前症候群」「自律神経失調症」などの症状は、若年性更年期障害や更年期障害の症状に良く似ています

ですので私は若年性更年期障害だと決め付ける前にこちらの病気の可能性を疑う必要があります。

若年性更年期障害は予防方法

実は若年性更年期障害は予防する事ができます。

早発閉経は難しいですが、それ以外であれば予防する事が可能です。

若年性更年期障害の原因は女性ホルモンの分泌が低下うる事で起こります。ではホルモンバランスが崩れないようにする為にはどうすればいいのか。以下の事に気をつけましょう

・ストレスを溜めない

・睡眠はしっかりとる

・適度な運動をする

・偏った食生活、過度なダイエットは避ける

また食生活では豆乳や大豆製品を摂取するのも効果的です。詳しい事は更年期障害を和らげる食事を参考にして下さい。

若年性更年期障害の治療法

若年性更年期障害を治療する万能な方法はありません。

若年性更年期障害の原因はさまざまなため、それぞれの治療法が大切になります。

ですので若年性更年期障害の症状を自覚した場合は、まず病院に行きましょう。

もし治療法に対し納得のいく説明が受けられなかった場合は、違う病院で再度たずねてみるのも大切です。

若年性更年期障害の治療では、ホルモン療法、漢方薬、低用量のピルなどで、ホルモンバランスを安定させる治療を行います。

まず若年性更年期障害にならないようにする為には、規則正しい生活を心掛けましょう。

例えば、タバコの本数を減らす、ストレスのない生活を送る、偏った食事をしないなどで予防しましょう。

自分1人で悩まず、病院で相談する事が大切です。

もしどうしても病院に行くのが気まずい方は通販などでホルモン療法の際に処方されるプレマリンを購入するのもよいでしょう。

若年性更年期障害の可能性

若年性更年期障害は誰しもなる可能性はあります。しかし症状が酷い場合はホルモン療法でエストロゲンを体の中に入れることで、不思議なほど辛かった症状はなくなります。

更にエストロゲンには内脂肪を減らす働きがあります。どうしても辛い時はプレマリンを服用してみましょう。

生理の乱れは重要なサイン

お腹をおさえる女性

生理のサイクルが狂ったり、無月経が起きる事は体からの重要なサインです。無月経は放っておくと、治療をしても回復しなくなる場合もあります。早期閉経の可能性があるのか、卵巣の機能が低下しているのかは、婦人科で血液検査を受ける事である程度、判断ができます。

体をリラックスさせることや、精神面のリフレッシュに心掛けできるだけストレスを抱え込まずに、食生活や悪い生活習慣を見直しましょう。それでも改善しない場合は早めに婦人科を受診することをおススメします。