1. プレマリンで更年期を乗り切る TOP
  2. 若年性更年期障害とは

若年性更年期障害とは

閉経と更年期障害

日本人女性が閉経を迎える平均年齢は50歳前後で、閉経を迎える前後10年間程度の期間を更年期と呼んでいます。更年期になると卵巣の機能が徐々に低下し、閉経が近づくと卵巣から分泌されるエストロゲンの分泌量が激減します。

しかし脳からは今まで通り、エストロゲンの分泌を促す指示が出されます。卵巣からエストロゲンを分泌する事が出来ないのに、脳からは卵巣を刺激するホルモンが分泌され続ける結果、ホルモンバランスが崩れることにより自律神経が乱れ、体や心に不調が現れます。

代表的な症状は、イライラ感、火照り、手足の冷え、頭痛、肩こり、不安感で、中には鬱病のような症状が起こる方もいらっしゃいます。これらの症状を更年期障害と呼んでいます。

若年性更年期障害

悩む女性

更年期障害は早い人であれば40代に入った頃から現れますが、20代や30代でもこのような症状を発症する方もいらっしゃいます。若年性更年期障害とはその名の通り若い世代の方に更年期障害と同じような症状が現れる事です。医学的には最後に生理が来てから1年以上生理が来ない場合、閉経したと定義がされています。43歳までに閉経を迎えることを早発閉経と呼び、病的な意味合いで考えられています。

早発閉経になる方はごく稀ですが、中には実際に早期閉経する方がいらっしゃるのも事実です。その場合、30代後半から更年期障害の症状が現れてしまうこともあります。

若年性更年期の原因(女性)

若年性更年期の原因は、さまざまですが、ストレスや過度なダイエットにより体の栄養状態が悪い場合、食事をはじめ生活習慣の乱れなどが挙げられます。女性が仕事を持つ事が当たり前になり、男性と同じように仕事をし、その上家事や育児もこなしているといった女性も少なくありません。仕事や人間関係、日常生活でストレスが溜まった状態が続いている可能性もあります。

女性の体は非常にデリケートで、風邪と引いた、ショックな出来事があった、忙しくてあまり睡眠が取れていないなどちょっとした事でも生理が遅れたり、逆に早まったりします。このような経験は誰にでもあるのではないでしょうか?

それらのことが、卵巣の機能を低下させたり、卵巣の機能は特に問題がなくてもホルモンバランスを乱す事に繋がります。ホルモンバランスが乱れてしまうと、自律神経のバランスもおかしくなり、更年期と似通った症状が出現すると考えられています。

若年性更年期障害の原因(男性)

体の衰えなんてまだまだ先だと思っている20~30代の男性の方いませんか?理由の分からない不調に最近悩んではいませんか?

例えば「なんとなくだけどダルイ」「肩がこる」「集中力がなくなってきた」などといった症状を放置していると、男性の場合は女性とは違う症状が出てきます。

若年性更年期障害の主な原因は「ストレス」がやはり一番大きいと言われています。一番深刻な症状は、ED(勃起不全、勃起障害)性欲減退などの性機能障害になります。

特に若年性更年期障害の場合のEDは、男としての自信を失わせてしまったり、トラウマになり、精神的に落ち込んでしまう方が増えています。EDの治療もしながら、男性ホルモンを増やしてあげる事が大切です。

男性の場合は、体の不調は「内科」。EDに関しては「泌尿器科」。精神的な落ち込みがある時は「診療内科」で診察してもらえます。しかし正直な所、男性は病院嫌いな方も多いと思います。

なにより、時間がもったいないし、面倒くさいですよね。そんな方には通販で簡単に購入できてしまうので、そちらをオススメします。男性の若年性更年期障害を治すには、「バイアグラ」や「セルノスジェル」が改善、予防をしてくれます。

若年性更年期障害になりやすい人

若年性更年期障害になりやすい人は、以下になります。

【肥満者、もしくは、痩せすぎ】

女性の肥満な方の4割以上に、排卵障害が見られます。逆に過度なダイエットで急激に痩せてしまったり、リバウンドや暴飲暴食で太る事で、体に大きなダメージを与えてしまいます。また、激しい体重の変化はホルモンバランスを崩し生理がとまることがあります。健康生活に心掛け、適度な体重を維持する事はとても大切です。

【過激な運動をしている人】

スポーツをやられている方の仲には、激しいトレーニングや食事制限に励みます。そのせいでホルモンバランスを崩してしまうことがあります。運動もすることは大切ですが、適度に動かしましょう。

【喫煙者】

喫煙する事で卵巣にめぐる血液の量を減少させてしまいます。その結果、卵巣機能が低下しホルモンの分泌に悪影響を与えています。禁煙、もしくは喫煙する回数を減らしましょう。

【ストレス】

ストレスは大きな社会の問題になっていますね。職場のプレッシャーだけではなく、家事や子育ても同時にこなす必要があります。精神的に参ってしまい、直接ホルモンの分泌に悪影響を及ぼす例がよく見られます。

生理の乱れは重要なサイン

お腹をおさえる女性

生理のサイクルが狂ったり、無月経が起きる事は体からの重要なサインです。無月経は放っておくと、治療をしても回復しなくなる場合もあります。早期閉経の可能性があるのか、卵巣の機能が低下しているのかは、婦人科で血液検査を受ける事である程度、判断ができます。

体をリラックスさせることや、精神面のリフレッシュに心掛けできるだけストレスを抱え込まずに、食生活や悪い生活習慣を見直しましょう。それでも改善しない場合は早めに婦人科を受診することをおススメします。