更年期障害は、様々な症状を引き起こします。プレマリンを服用することで治療可能です。

女性ホルモンの重要性

女性ホルモンの減少

加齢による女性ホルモン

更年期障害とは45歳から50歳くらいに起こる症状となります。ちょうどその中間の時期頃に女性は閉経を迎えると言われております。この時期を更年期と言い、その時期にかけて急激に女性ホルモンが減少するので体がついていけなくなり様々な症状を起こしてしまうのです。

体温が上昇するので汗を以上に書いたり、顔がほてってしまったり、物事に集中できなくなってしまったり、不安を感じたり、動悸を感じたり、めまいを起こしたり、急激に太ったり痩せたり、頭痛などを起こしてしまいます。人によって程度が異なりますが、重症な人は寝たきりになってしまい日常生活が通常通り送れなくなってしまうのです。

主成分エストロゲン

精神的な症状も出る場合があり、うつや、不安、緊張、イライラ、眠れなくなるなどがあります。特に意欲が無くなってしまい、生きる価値について考えたりしてしまう事もあります。これらの症状はエストロゲン(卵胞ホルモン)が減少してしまう事によってバランスが崩れてしまい起こってしまうのです。

そこでプレマリンと言う結合型エストロゲンを主成分とした治療薬を投与することで改善させることができるのです。卵胞ホルモン薬と呼ばれており、閉経前に服用することで更年期障害によっておこってしまう症状を改善させることが可能です。

他にも不妊症の治療などにも使用されており、卵胞ホルモンを人工的に補充することができるので妊娠しやすくするために、子宮内膜アンドを厚くする作用などもあります。エストロゲンは妊娠するために必要なものなのでエストロゲンは必須となってきます。プレマリンは女性にとってメリットの高い治療薬です。

ジェネリック薬

錠剤

最近ではジェネリック薬品も開発されており、手にしやすくなってきております。最近では病院や薬局によってジェネリックにしますかと聞かれることも増えてきました。先発薬よりも安く購入できるので国の医療費も安く済むというわけです。含まれている有効成分は全く同じなので、作用や効能も全く同じく期待できます。

ジェネリックに抵抗が無ければ選択肢として入れることで幅が広がると思われます。女性の更年期はかなりつらく中々難しい問題ですが、治療薬があるという事は覚えて起きましょう。

更年期障害にプレマリン