1. プレマリンで更年期を乗り切る TOP
  2. 女性ホルモンの重要性

女性ホルモンの重要性

女性ホルモンの減少

加齢による女性ホルモン

更年期障害とは45歳から50歳くらいに起こる症状となります。ちょうどその中間の時期頃に女性は閉経を迎えると言われております。この時期を更年期と言い、その時期にかけて急激に女性ホルモンが減少するので体がついていけなくなり様々な症状を起こしてしまうのです。

体温が上昇するので汗を以上に書いたり、顔がほてってしまったり、物事に集中できなくなってしまったり、不安を感じたり、動悸を感じたり、めまいを起こしたり、急激に太ったり痩せたり、頭痛などを起こしてしまいます。人によって程度が異なりますが、重症な人は寝たきりになってしまい日常生活が通常通り送れなくなってしまうのです。

主成分エストロゲン

精神的な症状も出る場合があり、うつや、不安、緊張、イライラ、眠れなくなるなどがあります。特に意欲が無くなってしまい、生きる価値について考えたりしてしまう事もあります。これらの症状はエストロゲン(卵胞ホルモン)が減少してしまう事によってバランスが崩れてしまい起こってしまうのです。

そこでプレマリンと言う結合型エストロゲンを主成分とした治療薬を投与することで改善させることができるのです。卵胞ホルモン薬と呼ばれており、閉経前に服用することで更年期障害によっておこってしまう症状を改善させることが可能です。

他にも不妊症の治療などにも使用されており、卵胞ホルモンを人工的に補充することができるので妊娠しやすくするために、子宮内膜アンドを厚くする作用などもあります。エストロゲンは妊娠するために必要なものなのでエストロゲンは必須となってきます。プレマリンは女性にとってメリットの高い治療薬です。

女性ホルモンと自律神経

更年期障害によって不安になったり、イライラなどの喜怒哀楽が激しくなるのは自律神経と関係しています。ホルモンは神経を司っており、安定して分泌され、交感神経と副交感神経のバランスを保っています。

しかし分泌量が極端に減ると、神経のバランスが不安定になります。本来は副交感神経が働くべき睡眠時に、興奮状態を引き起こす交感神経が働いてしまうなどの問題が発生します。

自分でも驚くほど、精神のバランスがとれなくなり、イライラしたり、なんでもない事に敏感に反応したりという状態に繋がっていきます。

精神の不安定は直接的に体調不良を起こすものではないので自分では気づきにくいのが特徴です。原因不明のイライラや情緒不安定な状態に悩まされるようであれば、放置せずにメンタルケアの治療などを受けて解消していくのが大切です。

ホルモンバランスの問題とは言え、自分の好きな事をしたり、楽しい事を考えるだけでも症状はかなり緩和されますし、そのように努力している内にホルモンバランスが安定化するという事もあります。

女性ホルモンを活性化させるには

【ストレス発散】

ストレスは女性ホルモンの天敵になります。ストレスは自律神経を乱しホルモン分泌の機能を低下させます。常にリラックスした状態でいれるよう心がけましょう。

趣味などを作るとストレスも発散できます。心と体が疲れた時は入浴中3分だけでいいので目を閉じてなにも考えずに、湯船につかってリラックスしてみましょう。

かなり気持ちが落ち着き心も軽くなります。

【体を温める】

夏でも体を温めましょう。ホルモンバランスを乱すのは冷えも原因の1つです。冬場はもちろんの事、夏は室内がエアコンで寒くなり、体が冷えているので、しっかり保温していきましょう。

「温かい飲み物を飲む」「腹巻をする」「毎日温かいお風呂につかる」これさえすればエストロゲンが増え活性化してくれます。

【恋をする】

やはり女性ホルモンを増やす究極の方法はですね。女性は恋をすると美しくなると昔から言われています。女性の心には神秘なものがあるのです。

結婚したあとも付き合い始めた頃の事を思い出してみても良いですね。恋愛だけでなく感動する映画をみたり、好きなアーティストのコンサートに行ったりするのも刺激があり、女性ホルモンは活性化します。なにかときめく日常をみつけましょう。

【運動】

運動は女性ホルモンの分泌に必須です。ハードな運動をすればいいというわけではありません。体の代謝をほんの少し高めてあげるだけでよいのです。

【質の高い睡眠】

睡眠にはノンレム睡眠とレム睡眠があります。ノンレム睡眠は深い睡眠の事を表し、レム睡眠は浅い睡眠になります。

ホルモン分泌が盛んになるのはノンレム睡眠になるので質の高い睡眠が取れるようにしましょう。

熟睡とは薬7時間くらいの睡眠がべストとされています。心地よい睡眠をとるには、寝る直前までTVやスマホの画面は見ない事。

食事は寝る2時間前に済ませておくと効果的です。また睡眠時間がバラバラだとホルモンの分泌は悪くなる一方です。

一定の睡眠時間をキープしましょう。

【食事】

ダイエットしたいからお昼はサラダのみ、なんて事していませんか?女性ホルモンは良質なたんぱく質と、脂質を元に作られているので、肉、魚、卵は積極的に摂りましょう。

またエストロゲンと同じ働きをしてくれる食材は大豆イソフラボンを含む大豆製品、老化を抑えてくれるビタミンEを積極的に取りましょう。

ジェネリック薬

錠剤

最近ではジェネリック薬品も開発されており、手にしやすくなってきております。最近では病院や薬局によってジェネリックにしますかと聞かれることも増えてきました。先発薬よりも安く購入できるので国の医療費も安く済むというわけです。含まれている有効成分は全く同じなので、作用や効能も全く同じく期待できます。

ジェネリックに抵抗が無ければ選択肢として入れることで幅が広がると思われます。女性の更年期はかなりつらく中々難しい問題ですが、治療薬があるという事は覚えて起きましょう。