更年期障害の治療に用いられるプレマリンにはジェネリック薬のエストロモンと呼ばれるものがあります。

ジェネリックのエストロモン

エストロモンの効果

エストロモン

更年期障害や不妊症に大変効果的な治療薬としてエストロモンがあります。このエストロモンは、プレマリンのジェネリック薬品となります。主な主成分は人工的なエストロゲン(卵胞ホルモン)で女性ホルモン補充剤になります。更年期障害によく使用されており、急激に不足してしまう卵胞ホルモンを補充させることで症状を改善させてくれます。

更年期とは女性の閉経前後の期間の事を指しており、40代後半から50代前半になります。女性の閉経はおおむね50歳と考えられており、その期間前後に女性ホルモンが急激に減少してしまうのです。急激に減少することで、身体的にも、精神的にも症状が出てしまいます。

代表的な症状で、体がほてってしまう、汗が大量に出てしまう、動悸が激しくなる、倦怠感、激しく体重が増減する、頭痛、などがあります。個人差もあり、症状が全くでない方や、寝込んでしまい日常生活に支障をきたしてしまう事もあります。

更年期障害のある方がエストロモンに含まれている結合型エストロゲンを補充することで、症状を緩和することができるのです。服用方法ですが、1日に1錠から2錠服用します。最大で6錠服用できますが、症状によって異なるので自分の症状をよく理解したうえで服用いたしましょう。

ジェネリック薬品と聞くと抵抗がある方もいるかもしれませんが、有効成分はプレマリンと同じになります。尚且つプレマリンに比べて安価に購入できるので、非常にメリット部分は大きくなります。

エストロモンの購入方法

もちろん一番は医者に行って相談しプレマリンを処方してもらうのがベストな方法ですが、中々相談内容によっては病院に行きにくいという方もいるかもしれません。更年期障害の症状は放置していても改善はしにくいので、改善を望むようであれば治療が必要となります。その為、病院へはいけないなどという方々の購入方法として、インターネットで個人輸入でで購入することも可能です。

個人輸入する際の注意しなければいけない点としては、悪徳業者が混ざっている点にあります。その為、正規品を販売している信頼のおける代行業者などを見極めましょう。見分ける方法としては、問い合わせなどの回答は早くて丁寧、しっかりとしたサイトである、レビューが安心できる内容、などを見るとよいでしょう。

使用するときは必ず用法通りに従い、大量に服用することは避けてください。比較的副作用は少ないとされておりますが、異変を感じたら直ちに使用を中止し、病院や専門家などに相談して下さい。

更年期障害にプレマリン