1. プレマリンで更年期を乗り切る TOP
  2. ジェネリックのエストロモン

ジェネリックのエストロモン

エストロモンの効果

エストロモン

更年期障害や不妊症に大変効果的な治療薬としてエストロモンがあります。このエストロモンは、プレマリンのジェネリック薬品となります。

主な主成分は人工的なエストロゲン(卵胞ホルモン)で更年期障害によく使用されています。

更年期とは女性の閉経前後の期間の事を指しており、40代後半から50代前半になります。女性の閉経はおおむね50歳と考えられており、その期間前後に女性ホルモンが急激に減少してしまうのです。急激に減少することで、身体的にも、精神的にも症状が出てしまいます。

代表的な症状で、体がほてってしまう、汗が大量に出てしまう、動悸が激しくなる、倦怠感、激しく体重が増減する、頭痛、などがあります。個人差もあり、症状が全くでない方や、寝込んでしまい日常生活に支障をきたしてしまう事もあります。

更年期障害のある方がエストロモンに含まれている結合型エストロゲンを補充することで、症状を緩和することができるのです。服用方法ですが、1日に1錠から2錠服用します。最大で6錠服用できますが、症状によって異なるので自分の症状をよく理解したうえで服用いたしましょう。

ジェネリック薬品と聞くと抵抗がある方もいるかもしれませんが、有効成分はプレマリンと同じになります。尚且つプレマリンに比べて安価に購入できるので、非常にメリット部分は大きくなります。

エストロモンの有効成分

エストロモンの有効成分はエストロゲンになります。

エストロゲンは天然型の卵胞ホルモンで、体内において活性エストラジオールに変化する事により、卵胞ホルモンの急速な低下を改善してくれます。

これにより、更年期障害の症状を改善する効果が期待できるため、女性ホルモン補充療法に用いられています。

エストロモンの飲み方と副作用

エストロモンの服用方法は、女性が服用する時は1日1~2錠を服用します。最大で6錠服用できますが、症状によって異なるので自分の症状をよく理解したうえで服用しましょう。

プレマリン副作用同様の、頭痛やめまい、不正出血や乳房の張りや痛みなどが現れる事があります。

しかし体が慣れればすぐに症状も軽減します。あまりにも酷いときは、医師の診察をうけてください。注意して欲しいのは血栓症など起こす場合があるので気をつけましょう。

エストロモンを服用する際の注意点

プレマリンのジェネリックであるエストロモンは誰でも服用して言いわけではありません。服用できない方もいたり、服用時注意が必要な方もいますので注意点を忘れず、しっかり確認しましょう。

【服用禁止】

・妊娠、もしくはその可能性がある方。

・重篤な肝障害のある方。

・異常性器出血があり、診断結果が未確定の方。

・未治療の子宮内膜増殖症の方。

・エストロゲン依存性腫瘍の方。

【服用注意】

・心疾患、腎疾患の方

・子宮内膜症、子宮筋腫のある方。

・乳腺症、乳房結節の方。

・肝障害のある方。

・糖尿病の方

・てんかんをお持ちの方。

【注意点】

・長期連用は乳がんや子宮内膜がんの方リスクが強くなる可能性があるので気をつけましょう。

・エストロモンに限らず、大量に服用する事で副作用が強く出てしまう可能性があります。大量に服用するのは体にも負担がかかるのでやめましょう。

・エストロモンの副作用の中にめまいがあります。車などを運転する前に服用するのはやめて車の運転はさけましょう。

プレマリンとエストロモンの違い

プレマリンとエストロモンの違いは、両方とも同じ成分の「エストロゲン」。プレマリンとエストロモンは効果や効能もほぼ同じと言われています。

コーテングや形が違ったり味などが違う事もありますが、それは先発医薬品を改善した結果なのです。では何が違うのか?それはプレマリンのような先発医薬品かそれともエストロモンのような後発医薬品(ジェネリック)なのかだけです。

プレマリンのジェネリックのエストロモンは個人輸入で安く購入する事が可能です。

実は男性も飲めます

最近では男性の方も、少しでも女性の体つきに近づきたくてエストロモンを服用する方が増えています。性同一性障害の男性にも人気があります。

男性も、女性ホルモンを体内に入れることで女性らしい体つきになるのです。また女性にはない副作用があげられています。例えば筋肉が脂肪にかわるので、筋力低下や代謝が悪くなり太りやすくなったり眠りが浅くなり睡眠障害が起きる事もあります。

また長期使用する事で男性ホルモンの分泌がされなくなり、精子を作ることが出来なくなってしまう副作用もあるようです。もし男性が服用する時は、女性化する為に服用するので8錠までとなります。

エストロモンを通販で購入する方法

エストロモン通販

もちろん一番は医者に行って相談しプレマリンやエストロモンを処方してもらうのがベストな方法ですが、中々相談内容によっては病院に行きにくいという方もいると思います。

更年期障害の症状は放置していても改善はしないので、改善を望むのであれば治療が必要となります。その為、病院へは行けないという方々の購入方法として、個人輸入や通販で購入することが出来ます。同じ効きめなのに病院よりも低価格で入手できる所がとても魅力的です。

なぜ低価格なのかは、初診料、診察料がないのと、通販ですとまとめ買いができるので、とてもお得になっています。エストロモンですと、1錠28円~40円で購入できます。

個人輸入する際の注意しなければいけない点としては、悪徳業者が混ざっている点にあります。その為、正規品を販売している信頼のおける代行業者などを見極めましょう。

見分ける方法としては、問い合わせなどの回答は早くて丁寧、しっかりとしたサイトである、レビューが安心できる内容、などを見るとよいでしょう。

使用するときは必ず用法通りに従い、大量に服用することは避けてください。比較的副作用は少ないとされておりますが、異変を感じたら直ちに使用を中止し、病院や専門家などに相談して下さい。

エストロモン体験談

最近なにをしててもすぐに疲れやすくて、前までは夜にぐっすり眠る事で次の日はそれ程疲れが残っている事はなかった私なのですが、48歳にもなり、歳のせいだと思い込んでいました。きっと年齢に合った疲れ方なのだろうと。しかし日に日に気力も集中力もなくなり、すぐにイライラしてしまう日が増えました。

もういくら休息しても疲れはとれず、職場には40歳~60歳近くの女性が沢山働いているのですが仲の良い2人から「○○さんもしかして更年期突入したんじゃない?」という会話が聞こえてきました。そして近くに来たかと思うと、「私達に、なにか悩んでいる事があるならいつでも相談して」と言いに来てくれました。

私は独身なので、誰にも相談できず最近の症状に悩んでいたので、とても嬉しい声掛けでした。仕事後、「疲れが取れにくくなった事や、集中力もなくなってきて、ちょっとの事でイライラしちゃうの」と話すと、「多分だけど、それ更年期障害の症状よ」と言われました。

私が?と思ってしまいましたが、どうやら2人はもう更年期を経験していたようで「あの医薬品わたし飲んでたのよ、ほら、プレマリンってやつ」するとすかざず「わたしはプレマリンのジェネリックってやつのエストロモンにしたわよ」と2人で会話が始まりました。

すこしの間2人の会話を聞いていたら興味が出てきたので試しにオススメのエストロモンを購入する事にしました。少しでも更年期の症状が落ちついたらいいなと軽い気持ちでした。

そして家にエストロモンが届きました。空けてみると小さくて飲みやすそうですし、小さいケースに入れれるので持ち運びも楽でした。飲み始めて2~3週間程は乳房が少し痛い感じがしたり、下腹部が少し張っている感じがあり少し辛かったですが、明らかに他の症状が落ち着いてきているのが分かりました。

動悸、息切れもなくなりましたし、よくイライラしていたのも、さほどイライラしなくなっているのもわかりました。凄い効果にとても驚きました。職場の仲間には感謝しかありません。年齢の近い人が多いので次に誰か周りで困っている人が居たら助けてあげたいと思います。更年期は誰にでも訪れる事なのでしっかり向き合いながら付き合っていきたいと思いました。

余談ですが最近お肌のツヤが良くなったと言われました。他にも気持ち胸も大きくなった気もするので良いこと続きで幸せです。最近若い子でも、若年性更年期障害になる子が居るようで、きっと私同様に認めたくない気持ちがあると思うのですが、そんな時には恥ずかしがらずに周りに相談する事が大切だと思います。