更年期障害は、運動やストレッチをすることによって和らげることができます。

更年期障害を和らげる運動

更年期障害

女性であれば誰もが通過する更年期は、思春期と同じように長い人生の中の一時を表す期間です。更年期障害と呼ばれる辛い症状が現れる場合が多い事から、なんとなく病気のように感じる方も多いかと思います。個人差もありますが更年期は、閉経の前後10年程度の期間のことをいいます。女性が閉経する平均年齢は50歳といわれていますので、45歳~55歳位の期間が当てはまります。

更年期を迎える頃になると、閉経に向け女性ホルモンの分泌が減少していきます。女性ホルモンは生殖機能だけでなく心臓や血管、皮膚、自律神経などにも働きかけ、女性の体の機能を正常に保つために非常に重要な役目を果たしています。

このホルモンの分泌が減少する事やストレスなどの原因も考えられますが、疲労感が抜けずぐったりしてしまったり、イライラ、火照り、眩暈、お肌や髪が乾燥し調子が悪くなる、うつ病のような症状を発症したりと、今まで体験した事のないような不調が体にも心にも現れます。

更年期障害を和らげる運動

ストレッチをする女性

このような症状が現れると聞くと、恐怖心も生まれてしまいますよね。更年期を迎える事や閉経は自然の摂理ですので、必要以上に心配する事はありません。ですが、少しでも元気に前向きに更年期を乗り越えるために、努力も必要です。自律神経が乱れないように生活習慣を見直すなど出来る事はあります。 運動やストレッチは更年期障害の症状を和らげる効果に期待が持てます。運動する事で自律神経のバランスを整えたり、ストレスの解消、不眠の改善、血液の流れを良くし冷えの改善、骨粗鬆症の予防になります。

更年期障害を和らげる運動は、激しい運動をするよりもストレッチや軽いウォーキング、ヨガや水泳などの有酸素運動が効果的です。そして継続して運動を続けて行くことが大事です。無理に体を動かすのではなく、ご自身のペースでゆっくり運動の習慣をつけていく事です。

初歩段階としてはストレッチがおススメです。腕や肩、足、腰、背中などをご自身が気持ちいいと感じる程度に伸ばしてみるのが良いでしょう。筋肉を伸縮させる事で、緊張がほどけ、血液の流れを良くする事が出来ます。軽いウォーキングは気分転換にもなります。

外出するのが億劫な日や、天候が良くない時は、家の階段を使って踏み台昇降をするのもおススメです。階段を踏み台にして、乗り降りするだけですので手軽に出来ますし、踏み台昇降は実は非常に運動効果が高く、消費カロリーもウォーキングをするよりも高いのです。

日々の生活をちょっと工夫するだけで、気持ちも心も変わってきますよ。