プレマリンは更年期の症状を緩和してくれるのはもちろんの事、他の症状にも効果が認められています。

  1. プレマリンで更年期を乗り切る TOP
  2. プレマリンの効果と効能

プレマリンの効果と効能

プレマリンの効果と効能

プレマリンは女性ホルモン剤であり女性ホルモンが減少する事で様々な症状が起き、それを改善してくれるのにとても効果があります。

【プレマリンを使用する代表的な症状】

・更年期障害の緩和
・卵巣欠落症状
・機能性子宮出血
・卵巣機能不全症
・骨粗しょう症の治療
・女性的な体を作りだす為
・膣炎、膣乾燥の治療

【卵巣欠落症状とは】

卵巣欠落症状とは、子宮がんや卵巣がんなどの手術の為に卵巣を2つとも切除した場合エストロゲンが人工的に断たれてしまうのが原因で年齢に関係なく現れる、更年期障害に似た症状になります。卵巣が残っていても手術時の療法によっては閉経が早まる事もあります。ほてりや動悸、眩暈、憂うつになるといった症状になります。プレマリンを服用する事で急激な卵巣欠落症状を和らげてくれます。

【機能性子宮出血とは】

通常の月経(生理)以外で性器から出血する事を不正出血といい、妊娠による出血、炎症や腫瘍による出血ではない物が機能性出血になります。はっきりとした病気や異常は見つからないものの子宮内膜が剥がれて出血してしまっている状態です。女性ホルモンのバランスの異常によっても起きてしまいます。

症状としては出血の回数が多い 出血の継続時間が長く、出血量も多い。それ以外にも検査をしても子宮には異常がない状態で はっきりとした理由がないので機能性子宮出血といっても、プレマリンを服用する事で効く場合、駄目な場合、逆効果の場合もありますので自己判断でプレマリンを服用するのは避けましょう。掛かりつけの医師と相談した上で服用しましょう。

【卵巣機能不全症とは】

卵巣機能不全とは卵巣の機能が低下し2つの女性ホルモンのバランスが崩れてしまう事で月経周期の乱れや排卵障害が引き起こされている状態になります。さらに精神的なストレスや過度なダイエットが引き金になる事もあります。1週間以上続く「過長月経」、月経周期が2~3ヶ月の「稀発月経」、3ヶ月以上月経が来ない「無月経」などの症状になります。プレマリンを服用する事で生理周期の乱れや排卵障害を改善してくれます。

【骨粗しょう症とは】

骨密度は50歳前後から低下してきます。骨粗しょう症の患者さんは80%が女性と言われています。女性ホルモンの一種であるエストロゲンは骨の新陳代謝に際して骨吸収をゆるやかにし、骨からカルシウムが溶けるのを抑制してくれます。それもあり閉経を迎え女性ホルモンが分泌し低下する事で急激に骨密度が減ってしまうのです。プレマリンを服用する事で骨吸収を抑え骨粗しょう症を予防します。ただし乳癌へのリスクが増えるなどといった注意点があります。

このような症状の治療にプレマリンが使用されています。また更年期になると更年期障害になる女性も多いのですが理由は女性ホルモンが分泌されにくくなるのが原因になります。そのような時には女性ホルモンを補う為にプレマリンを服用し卵胞ホルモンを体内に送る事で症状を改善させる事が期待できるのです。

>>更年期障害の詳細

>>プレマリン購入はこちら

プレマリンの成分

プレマリンの成分

プレマリンの成分は結合型エストロゲンという女性ホルモンになります。女性ホルモンは大きく2つに分けられます
・卵胞ホルモン(エストロゲン)は体を女性らしく成長させるホルモンになります。
・黄体ホルモン(プロゲステロン)は妊娠や生理に関わるホルモンになります。

結合型エストロゲンは卵胞ホルモンになるのでプレマリンを服用する事で卵胞ホルモンに効果が得られるのです。では卵胞ホルモンにどんな効果を与えてくれるのでしょうか。

・皮膚の分泌が低下するので、水分量が増えしっとりなめらか肌になります。
・動悸や冷え、頭痛やほてりといった症状が軽減します。
・骨や欠陥を丈夫にする。
・情緒を安定させる。

などの効果があります。

>> プレマリンの詳細

>> 女性ホルモンの重要性について

不妊の改善にも使用できます

不妊の改善にも使用されているプレマリン。エストロゲンが減少してしまうと排卵が起こらなくなり不妊に繋がってしまう為、プレマリンを服用する事で排卵を促して卵巣の機能を改善してくれます。月経や排卵が正しく行われることは妊娠するための基本にもなります。卵巣機能不全の人が服用した結果34%の人に改善があったとデータあるようです。

>> エストロゲンの詳細

更年期障害の症状の中でも一番効果があるのは

更年期障害の症状の中でも一番効果があるのは

プレマリンを服用する事で、更年期になると出てくる症状の、顔のほてり、発汗やのぼせ、動悸に息切れなどの欠陥運動神経症状には、速やかな効果が期待できます。他にもイライラや不安、脱力感といっか症状の改善にも効き目があります。プレマリンを服用したとたんに症状がピタリと止まる方もいます。また閉経早期に服用を開始する事でアルツハイマー病の予防効果も期待できると言われています。

ではいつ頃から服用を開始すればよいのか。一般的には閉経直前と言われていますが、もしすでに閉経か何年経っていたとしても効果は期待できるのでいつ開始しても問題ありません。ちなみにプレマリンの効果時間は薬を服用してから約6時間後にもっとも血液中の薬の濃度が高くなると言われています。また、その後約9時間後に血液中での薬の濃度が半分になるとされています。

>> プレマリンの服用方法