1. プレマリンで更年期を乗り切る TOP
  2. プレマリンの副作用

プレマリンの副作用

頭を押さえる女性

プレマリンの副作用を何個かあげますが、副作用が強く出ない為には適切な服用量を守りましょう。副作用が出る確率はそれほど高くは無いので過度に心配はしなくて平気です。

もし副作用が出たとしても、それは女性ホルモン(エストロゲン)が増えた事によって起きている事が多いのです。もし症状が強く出てしまったら、プレマリンの服用する量を少し減らしてみるのもよいですね。

通販ですとプレマリンは1錠67円で格安なおかつ手軽に購入できます。そしてなによりエストロゲン不足に悩む更年期の女性の強い味方になってくれます。

プレマリンの副作用の原因

プレマリンはエストロゲンの作用を補う事で、卵巣機能不全や機能性子宮出血などの症状を改善する効果があります。一方では他のホルモン剤と同様、副作用が見られる事もあるので理解した上で服用しましょう。もし副作用が出た場合でも、時間が経つにつれ体が慣れてきて落ち着いてきます。副作用を強く感じた方はプレマリンの服用する量を調整してみましょう。もし生活が困難になるくらい副作用が強く辛く感じた場合は速やかに受診しましょう。

プレマリンの副作用で多いのは

・電解質代謝(むくみ、体重増加など)
・生殖器・乳房(不正出血、胸の痛みなど)
・自律神経(腹痛、吐き気、めまいなど)

などを発症するケースが多くみられます。このような症状は、2~3ヶ月して体が慣れさえすれば、ほぼおさまってくるので、さほど心配ありません

また吐き気、嘔吐などの症状が出やすい方は食後や就寝前に服用する事で辛さも最小限に抑えられます。

気になる副作用の症状と改善方法について

プレマリンの副作用の症状

プレマリンを服用する事で起きる副作用の中でも、気になる症状と改善方法、また注意が必要な副作用について書いてあります。参考にしてみて下さい。

電解質代謝(むくみ、体重増加など)

【電解質代謝】  ナトリウムや体液の貯留(むくみ、体重増加など)

プレマリンは卵巣機能不全の改善などの効果が期待できます。個人差はありますが副作用が起こる場合もあります。

長期間の服用で体重が増えてしまうのは、女性にとっては気になる点だと思います。

【改善方法】

用法や用量をしっかり守れば問題ありません。プレマリンに限らず女性ホルモンが使われている薬の副作用でよく言われるのが「太る」という副作用です。

ですがそんなに心配する必要はありません。プレマリンはエストロゲンそのものである為、服用する事で体内にあるエストロゲンの量が増量します。

エストロゲンにはナトリウム・水の体内への貯留があります。また女性ホルモンなので、女性の方が水分を溜め込みやすくなります。

その状態の時に塩分を過剰に摂取してしまったら、むくみが出てしまう事があります。しかし塩分を控える事で改善できます。

プレマリンを使用するすべての人が起こるというわけではありませんし、プレマリンの服用による一時的な変化になります。

あまりにも気になるようでしたら、その他にもラシックスを服用する事で、むくみはすぐに改善できます。

過敏症(発疹・蕁麻疹やかゆみなど)

【過敏症】  発疹、蕁麻疹、血管浮腫

プレマリンが体内に入った事で体が過敏反応をおこし、薬疹を発症しているのが原因になります。発疹に蕁麻疹、他にもかゆみなどが起こる事があります。

薬疹の原因は体質でもあり、もし起きてしまった時は運がわるかったとしかいえないようです。市販の風邪薬に反応する方もいるようです。薬疹が起こる可能性はとても低いです

皮膚(色素沈着、脱毛など)

【皮膚】   色素沈着、脱毛
【呼吸器】  呼吸困難

プレマリンを服用する事で、皮膚の副作用が出る場合があるとされています。理由は女性ホルモンを体内に補充する事になる為、場合によっては肌の状態が変化します。

また頭皮が影響を受けることで、脱毛という形ででてしまう事もありえます。

【改善方法】

もし薄毛や、抜け毛が気になる方は女性ホルモンであるエストロゲンを増やしながら、同時に育毛剤などで頭皮をケアしていくと薄毛や抜け毛の回復が早まります。

生殖器・乳房(不正出血、胸の痛みなど)

【生殖器】  帯下増加、不正出血、生理の出血量の変化
【乳房】   乳房痛、乳房緊満感

プレマリンは機能性不正出血を改善する為に服用する薬なのですが、逆に服用した事が原因で不正出血の副作用が出る事がありこの時の不正出血は破綻出血といいます。

ちなみに出血には2種類あり、破綻出血はエストロゲンやプロゲステロンの服用によって起こる子宮の出血になります。消退出血は卵胞ホルモンとプロゲステロンの濃度が低くなった際に起きる不正出血になります。

胸には乳腺の組織があり、この乳腺が発達する事で胸が張り大きくなるのです。エストロゲンには乳管を増やす働きがあり、プロゲステロンには腺房を増やす働きがあります。

この2つは両方とも乳腺を刺激するホルモンであり体外から供給する事で胸の張りが一時的に出る事があります。

次にプレマリンの副作用で生理への影響はあるのか。もともと生理の周期はエストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンのバランスが崩れる事から生理不順が引き起こされます。

また卵子が作れなくなったりし不妊に繋がってしまいます。プレマリンを服用する事でこのような症状に効果はあるものの副作用がみられる事があります。たとえば生理の出血量の変化が見られます。

【改善方法】

辛い時は胸の回りをマッサージする事で痛みが和らぎます。またはプレマリンの量を減らしてみましょう。

胸の痛みや張りだけならば、さほど気にしなくて平気ですが、もしシコリがある場合は違う病気の場合もありますのでその際は医師に相談しましょう。

生理の出血量の変化に関してもあまりにも多い、少ないと感じられた時は、記録しておき大きな変化があった時は医師に相談しましょう。

自律神経(腹痛、吐き気、めまいなど)

【消化器】  腹痛、下痢、悪心、嘔吐、食欲不振、膵炎
【精神神経科】頭痛、めまい

プレマリンを服用すると、自律神経が乱れて様々な症状が出てしまう事があります。自律神経とは、交感神経、副交感神経のバランスが保たれることで「呼吸、心臓、血圧、膀胱、子宮、胃腸の働き」を自動的に制御しているのです。

自律神経は脳の視床下部がコントロールしているのですが、女性ホルモンが乱れてしまうと、視床下部の働きも乱れてしまいます。結果的には、自律神経のバランスが崩れてしまう事があるのです。

その結果「頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、口の渇き、血圧低下、不安感や緊張感、イライラ、不眠症、摂食障害」などといった症状が現れる事があります。

【改善方法】

プレマリンの服用によってこのような自律神経の症状が出る事は少ないのですが、もし発症した時は服用する量を減らしてみたり他の方法を試してみましょう

プレマリンで眠気が強くなる?

プレマリンの副作用には「眠気」は特にありません

【改善方法】

もし服用後に眠気があるようならば、副作用ではなく普段の生活リズムが崩れていないか確認してみましょう。よくクチコミなどで眠気が出たと、見かけますが特に気にしなくても言いようです。

子宮内膜がんのリスクは?

更年期障害の治療法は主に「ホルモン補充療法」「漢方」「その他の薬物療法」があります。

病院での、不妊治療や、更年期障害の治療でも黄体ホルモンであるプロベラを併用されるパターンが多いようです。

更年期障害の治療法で1番有名なのはホルモン補充療法になります。ホルモン補充療法とは更年期障害の主な原因はエストロゲンが減少する事が原因になります。

その為エストロゲンを補充する事で症状の緩和させるのが目的になります。

日本でよく処方されている薬はエストロゲン単剤ですとプレマリンになります。黄体ホルモンですと、プロベラが処方されます。病院での、不妊治療や、更年期障害の治療でもプレマリンと黄体ホルモンであるプロベラを併用されるパターンが多いようです。

プロベラが処方される理由としては、エストロゲンのみを服用していると卵胞ホルモンのバランスが崩れてしまい、子宮内膜がんの発症率を高める事になるので黄体ホルモンも併用されます。黄体ホルモンは女性ホルモンのバランスを保つ為に服用するのです。

プレマリン単体であれば5年未満でしたら安心して服用できます。それ以上の長期の服用になると詳細は不明ですが、医師によると、5年以上は、ほんのわずかですが確率が上がるという医師もいます。

注意が必要な副作用

手足のしびれについて

注意が必要な副作用

注意が必要なプレマリンの副作用は「血栓症」になります。

エストロゲンには体内の血液疑固子を増加させてしまう効果があり、血液が固まってしまうことで血管が詰まってしまう症状です。ごくまれですが喫煙がそのリスクを高めてしまう事もあるようです。

基本的にはこの症状はあまりないとされていますが、血栓症の前触れとして発症する場所は、特に「ふくらはぎの痛みや痺れ」「手足が麻痺する、」他にも「胸の痛み、眩暈、視力低下、喋りにくい」などの症状になります。

もしこのような症状が出た時は「血栓症」もしくは「血栓塞栓症」の疑いがあるのですぐに服用を止めて速やかに医師に報告しましょう。めったに起きる副作用ではありませんが、この症状だけには気をつけましょう。

    

プレマリンのジェネリック

プレマリンにはジェネリックがあり、エストロモンプレモンがあります。閉経などで、女性ホルモンが減少することで、めまい、ほてり、のぼせ、イライラ、動悸、ストレスといった症状がでますが、そのような症状を改善してくれます。
    
効果はまったく同じになり副作用もかわりません。この2つは更年期障害の症状の他にも、女性っぽくなる為に男性の方の服用も増えています。真剣に女性化を始めたい方は誰もが知っている薬になります。
    
この2つの魅力はジェネリックなのでとても購入しやすい値段になっているのです。プレマリンは1錠67円、エストロモンは1錠28円、プレモンは1錠19円と、どの薬もお手頃な値段ですよね。使用方法によってどれを服用するかになります。

         

副作用を避けたい方

医師

更年期障害になり症状を改善したいけど、なんだか薬だと副作用が怖くてなかなか飲めない

最近ではそのような方にも更年期障害を改善して貰えるように更年期障害の症状を改善、更年期以降の病気予防のサプリメントも販売されています。種類も沢山あり、更年期障害の改善をしてくれるシャタバリや他にも記憶力の改善、ホルモン増加、若返りの効果、老化防止などのサプリがあります。

副作用もなく簡単に購入ができてなんといっても格安で購入できる所が魅力の1つです。もし副作用が怖くてプレマリンの購入に悩んでいる方がいらっしゃいましたら是非サプリメントをオススメします。

改善されるまでサプリメントですと少し時間がかかりますが、どなたでも安心して服用できます。

副作用が少ないトフィソパム

トフィソパム

トフィソパムとは脳の活動を抑えることで落ち着かせてくれる薬になります。副作用や依存性が少なく自律神経の症状を改善してくれます。

女性ホルモン製剤が使えない方でも使えるのが自律神経調整剤になります。

自律神経のバランスが崩れるとのぼせや発汗、イライラに不安感などの症状が出てきます。

トフィソパムを服用する事で自律神経のバランスも整え症状を改善してくれます。更に血行がよくなり女性の更年期の悩みであるホットフラッシュに対し発刊を司る自律神経を安定させる事で症状を緩和させてくれます。

トフィソパムは副作用や依存が心配な方に向いています。特徴を一言でいうなら非常に優しい安定剤になりますので効果も穏やかになります。

逆を言えば症状が重い方には向いていません。あくまで軽症な方で更年期障害や、めまい、ホットフラッシュなどの症状で悩んでいる方に向いています。

通販でトフィソパムを購入する事で1錠あたり47円で購入する事ができます。まとめて購入すると1錠あたり42円まで安くなります。

プレマリンとアロマ

ストレスの多いこの現代社会。仕事後の自由な時間に好きな香りを楽しみリラックスする方が増えています。

アロマの香りの中にはリラックス効果があるものがあったり様々な効果があります。

女性なら誰しも抱える悩みである更年期ですが、ホルモン療法をしながらアロマを利用してみるのもいいかもしれませんね。症状に合った香りをいくつか紹介します。

イライラには・・・カモミール

落ち込みには・・・ラベンダーやローズ 眠れない時は・・・カモミール
のぼせには・・・・菊の花

少しでも気分が変わり症状が軽くなってくれたら嬉しいですね。

プレマリンの副作用のまとめ

ちなみに更年期障害での治療では、閉経後に女性ホルモンが減少することで様々な症状が起きます。プレマリンは更年期障害、卵巣機能不全症、機能性子宮出血、などの症状に改善をもたらしてくれます。
    
そして更年期障害、卵巣欠落症状に伴う血液運動神経症状(ホットフラッシュや、発汗)の改善もしてくれます。また生殖器の萎縮に伴い膣が乾燥したり尿失禁となる症状にも効果がみられると言われています。特に膣の症状に関してはプレマリンクリームもおすすめです。

プレマリンなどの女性ホルモン関連の薬には様々な副作用がありますが、副作用はプレマリンを使用する全ての人に起きると言う訳ではありません。

更年期障害の症状、副作用を乗り越えて楽しい毎日を過ごしましょう。