更年期障害でエストロゲンが減少した場合は、プレマリンを服用することで症状を緩和させられます。

バランスを保つプレマリン

更年期障害とその症状

頭を押さえる女性

45歳から55歳くらいまでの閉経前後の10年間を更年期といいます。この期間は、女性の方の体が閉経の準備を始める為に、女性ホルモンが減少しはじめることで、ホルモンバランスが崩れます。その結果、で更年期障害となり体や精神面に様々な症状が現れるようになります。

更年期障害では、症状に個人差はありますが、堪え難い苦痛を感じる女性の方もいます。生活に影響あるいは被害がでる事があります。精神におこる症状はうつ病とよく似た症状になり入眠生涯や中途覚醒といった睡眠障害や抑うつ状態、精神が不安定な事で苛立ちやすくなったり、意欲を低下させるなどの症状があります。肉体へは冷え性や頭痛、多汗、腰痛、肩こり、動悸や目眩などが起こるようになり、生活困難な状況に追い込まれる事があります。

プレマリン

プレマリン

これらの更年期障害は、女性ホルモンエストロゲンの減少によって起こるので、ホルモン補充療法を取り入れることで改善が可能です。プレマリンという卵胞ホルモン剤は、補う事で、体の急速な機能の低下によって起こる症状の緩和をさせる事ができます。不快な症状を改善し日常生活に復帰できるように助けてくれるのです。

プレマリンとは、別名を結合型エストロゲン製剤と呼びます。更年期障害の他にもホルモン不足で女性の方に起こる様々な症状に適応があり、卵巣機能不全症や卵巣欠落症、膣炎、予定外での不正出血を起してしまう機能性子宮出血などの治療に用いられる事もあります。

また、適応が認められているわけではありませんが、応用して腹圧性尿失禁や骨粗しょう症の治療に投与の機会があります。骨粗しょう症に対しては、骨量を高める事で骨密度を増やす事ができる唯一のホルモン製剤でもある為、応用して用いられる事があり、老いにより骨密度の低下は骨折しやすい状態でもあるため骨折予防にも繋がります。

副作用には血栓症や吐き気、嘔吐などホルモン剤特有の症状が現れ、体が慣れるまでの2~3ヶ月は耐える必要があります。血栓症は定期検診を受けるなどして予防できるので、服用する場合には検査を忘れる事のないようにして下さい。

同様に個人使用できるジェネリックであるエストロモンなどの販売も行われています。これらは個人輸入によって、通販サイトを利用することで購入が可能です。服用は自宅でも出来ますが検査は必ず受けるようにしてください。

更年期障害にプレマリン