プレマリンを服用すると、エストロゲンが増加し更年期が原因とも考えられる発汗やのぼせを抑える効果があります。気になる副作用とは。

プレマリンの副作用

頭を押さえる女性

プレマリンにはどんな副作用があるのでしょうか。女性ホルモン関連の薬には様々な副作用がありますが、副作用はプレマリンを使用する全ての人に起きると言う訳ではないようです。

ちなみに更年期障害での治療では、閉経後に少量用いることで、更年期が原因とも考えられる、発汗やのぼせを抑える効果があります。また生殖器の萎縮に伴い膣が乾燥したり尿失禁となる症状にも効果がみられると言われています。

プレマリンの副作用で多いのは

・乳房の張りや痛み
・予定外の出血
・吐き気、嘔吐、腹痛

などを発症するケースが多くみられます。このような症状は2~3ヶ月して体が慣れさえすれば、ほぼおさまってくるので、さほど心配はありません。また吐き気、嘔吐などの症状が出やすい方は食後や就寝前に服用する事で辛さも最小限に抑えられます。

気になる症状と改善方法について

プレマリンの副作用の症状

プレマリンの副作用の中でも気になる症状と改善方法、また注意が必要な副作用について書いてあります。参考にしてみて下さい。

プレマリンで眠気が強くなる?

プレマリンの副作用には「眠気」は特にありません。もし服用後に眠くなったのならば、副作用ではなく普段の生活リズムが崩れていないか確認してみましょう。よくクチコミなどで見かけますが特に気にしなくても言いようです。

プレマリンの副作用で太る?

プレマリンは卵巣機能不全の改善などの効果が期待できます。個人差はありますが副作用が起こる場合もあります。長期間の服用で体重が増えてしまうのは、女性にとっては気になる点だと思います。しかし用法や用量をしっかり守れば問題ありません。プレマリンに限らず女性ホルモンが使われている薬の副作用でよく言われるのが「太る」という副作用です。ですがそんなに心配する必要はありません。それは、プレマリンを使用すると、エストロゲン(卵胞ホルモン)が増加し、体にナトリウムや体液などを溜めようとするので、むくみや、体重が増加してしまう場合があるようです。プレマリンを使用するすべての人が起こるというわけではありませんし、プレマリンの服用による一時的な変化になります。もしあまりにも気になるようでしたら、医師にご相談ください。女性ホルモンの1種卵胞ホルモンに効果的な薬として有名なプレマリン。最近は通販や個人輸入で購入している方も増えているようです。

発疹や蕁麻疹やかゆみについて

これはプレマリンが体内に入る事で体が過敏に反応し薬疹を発症し、発疹に蕁麻疹、他にもかゆみなどが起こる事があります。薬疹の原因は体質。でもあり、もし起きてしまった時は運がわるかったとしかいえないようです。市販の風邪薬に反応する方もいるようです。薬疹が起こる可能性はとても低いです。

むくみについて

プレマリンはエストロゲンそのものである為服用する事で体内にあるエストロゲンの量が増量する為、体内への水分の貯留が置きやすくなり、その状態の時に塩分を過剰に摂取。してしまったら、むくみが出てしまう事があります。しかし塩分を控える事で改善できます。

薄毛や抜け毛について

プレマリンは更年期障害の改善や不妊治療にも用いられている薬で、自然な形で排卵や生理などを起こしてくれるサポートをしてくれています。他にも血行に関連している症状や薄毛の症状にも高い効果があります。もし薄毛や、抜け毛が気になる方は女性ホルモンであるエストロゲンを増やしながら、同時に育毛剤などで頭皮をケアしていくと薄毛や抜け毛の回復が早まります。

更年期と耳鳴りの関係

更年期40から50代はめまいと耳鳴りを訴える女性も少なくありません。女性ホルモンが低下した事で自律神経の乱れから発症する事が多くなってきました。加齢にによる身体的な変化により、感覚器官の老化も影響します。眩暈は吐き気をもよおすような回転性のものもあります。耳鳴りはほぼ軽い症状が多周りが騒がしければ気にならない程度ですが、もし気になる時は、横になり休息するのが一番とも言われています。

出血について

プレマリンは機能性不正出血を改善する為に服用する薬なのですが、逆に服用した事が原因で不正出血の副作用が出る事がありこの時の不正出血は破綻出血といいます。ちなみに出血には2種類あり、破綻出血はエストロゲンやプロゲステロンの服用によって起こる子宮の出血になります。消退出血は卵胞ホルモンとプロゲステロンの濃度が低くなった際に起きる不正出血になります。

胸の張りについて

胸には乳腺の組織があり、この乳腺が発達する事で胸が張り大きくなるのです。エストロゲンには乳管を増やす働きがあり、プロゲステロンには腺房を増やす働きがあります。この2つは両方とも乳腺を刺激するホルモンであり体外から供給する事で胸の張りが一時的に出る事があります。辛い時は胸の回りをマッサージする事で痛みが和らぎます。胸の痛みや張りだけならばさほど気にしなくて平気ですが、もしシコリがある場合は違う病気の場合もありますのでその際は医師に相談しましょう。

注意が必要な副作用

手足のしびれについて

注意が必要な副作用

注意が必要なプレマリンの副作用は「血栓症」になります。

エストロゲンには体内の血液疑固子を増加させてしまう効果があり、血液が固まってしまうことで血管が詰まってしまう症状です。ごくまれですが喫煙がそのリスクを高めてしまう事もあるようです。

基本的にはこの症状はあまりないとされていますが、血栓症の前触れとして発症する場所は、特に「ふくらはぎの痛みや痺れ」「手足が麻痺する、」他にも「胸の痛み、眩暈、視力低下、喋りにくい」などの症状になります。

もしこのような症状が出た時は「血栓症」もしくは「血栓塞栓症」の疑いがあるのですぐに服用を止めて速やかに医師に報告しましょう。めったに起きる副作用ではありませんが、この症状だけには気をつけましょう。

プレマリンの副作用のまとめ

プレマリンの副作用を何個かあげてみましたが、副作用が強く出ない為には適切な服用量を守りましょう。副作用が出る確率はそれほど高くは無いので過度に心配はしなくて平気です。もし副作用が出たとしても、それは女性ホルモン(エストロゲン)が増えた事によって起きている事が多いのです。もし症状が強く出てしまったら、プレマリンの服用する量を少し減らしてみるのもよいですね。通販で簡単に購入できるプレマリンは、エストロゲン不足に悩む更年期の女性には強い味方になってくれます。

>>プレマリンを通販で購入する方法の詳細

>>プレマリン購入はこちら

更年期障害にプレマリン