プレマリンの詳細

プレマリンとは結合型エストロゲンを主成分とした、更年期障害や不妊症治療に効果的な治療薬です。
更年期障害は、女性の閉経前後におこってしまう症状で急激な女性ホルモンの低下に体がついていけなくなって様々な症状が出てしまいます。
体温の増加によるのぼせや、動悸、めまい、気分が落ち込む、イライラ、眠れない、物事に集中できないなど様々です。
個人差もありますが重症な人になると寝たきりになってしまい、日常生活もままならなくなってしまいます。
そこでプレマリンを服用することで、足りなくなっていた卵胞ホルモンを補充することができるのです。
女性ホルモンのバランスが乱れて症状が出てしまうので、バランスを整えることによって症状を落ち着かせます。
有効成分の結合型エストロゲンは服用することによって体の中で活性エストラジオールに変換され女性ホルモンとなり働いてくれます。
不妊症の場合はエストロゲン(卵胞ホルモン)、プロゲステロン(黄体ホルモン)の働きにより妊娠しやすくしてくれるのです。
エストロゲンは妊娠にとって大事な役割をするので必要不可欠となります。
プレマリンの歴史は長く、代表的なエストロゲン薬です。女性ホルモン補充療法には欠かせない存在となっております。
更年期障害は通常40代半ばから50代前半で起こるとされています。
50歳で閉経する方が最も多く45歳くらいから更年期の障害を起こしてしまう方もいます、
しかし最近では30歳代と若い人でも同じような症状が起き、これを若年性更年期障害といいます。
これは食生活や無理なダイエットなど、女性への負担を多くかけた場合なりやすいとされております。
更年期になっても通常と変わらない方もいらっしゃいますし、寝たきりになってしまう方もいらっしゃいます。
一概にどのような人がなりやすいとは言えませんが、それなりの予防を取ることは大事です。
プレマリンとクロミッドの違いを知りたいという方も多いですがクロミッドは排卵を重点的においている治療薬です。
クロミッド服用後プレマリンを服用することで子宮内膜を厚いものとしてくれるので着床しやすくしてくれるのです。
この治療薬は女性にとってかなりメリットの高いもので、ジェネリック薬品も出ております。
エストロモンもその中の1つで、エストロモンには全く同じ有効成分が含まれております。
ジェネリックに抵抗のない方にはお勧めとなっております。