女性であれば避けては通れない更年期障害ですが少しでも症状を軽くする為には正しい対処方法を見つける事が大切です。

更年期障害とは

頭を押さえる女性

女性は妊娠するために10代で生理が始まり、そして50歳のころに閉経します。この閉経前後の期間を更年期とし、その時期に起こる症状を更年期障害と言います。40歳中旬から50歳半ばまでの期間に起こることが多く、人によってその症状は様々です。

年齢を増すごとに卵巣機能は低下してしまい、卵巣によって放出されるエストロゲン(卵胞ホルモン)の量も閉経前後に急激に減少してしまいます。その為、女性ホルモンのバランスが急に乱れてしまいます。その結果、体に様々な異変が訪れ、自律神経の異常と精神状態の異常がみられるようになります。

また、最近では30歳代と若い人でも同じような症状が起き、これを若年性更年期障害といいます。これは食生活や無理なダイエットなど、女性への負担を多くかけた場合なりやすいとされております。

更年期障害の症状

更年期障害とは

まず一番現れやすいのがホットフラッシュです。体がほてったり、汗が以上に出たりします。よく女性がほてりだすと更年期かしら?と疑う人が多く、このホットフラッシュを更年期において半分以上の人が感じると考えられています。その他にも体温の増加によるのぼせや、動悸、めまい、気分が落ち込む、イライラ、眠れない、物事に集中できないなど症状は様々です。

また、精神異常を4割の方が感じています。これらの症状は個人差もありますが、酷い人だと日常生活に支障をきたしてしまう場合もあります。寝込んでしまって何もできなくり、生活が通常通り行えなくなります。もちろん個人差があるので、なんの症状も出ないという方もいらっしゃいます。また、うつの症状が出る場合もあります。今までうつとは無縁だった人が急にうつ状態になってしまうので、周りの人はあまり理解されにくいのも事実です

更年期障害では、症状に個人差はありますが、堪え難い苦痛を感じる女性の方もいます。生活に影響あるいは被害がでる事があります。精神におこる症状はうつ病とよく似た症状になり、入眠生涯や中途覚醒といった睡眠障害や抑うつ状態、精神が不安定な事で苛立ちやすくなったり、意欲を低下させるなどの症状があります。肉体へは冷え性や頭痛、多汗、腰痛、肩こり、動悸や目眩などが起こるようになり、生活困難な状況に追い込まれる事があります。

汗をかく女性

更年期障害は生理痛と同様に個人差があり、全く不調が見られない方や軽度の症状で済む方もいらっしゃいます。しかし人によっては、日常生活に支障をきたすほど症状が酷い方もいらっしゃいます。多くの女性は多かれ少なかれ更年期障害に悩まされているのではないでしょうか?

代表的な症状はイライラして怒りっぽくなったり、火照り、眩暈、肩こりや頭痛が挙げられます。うつ病の症状を発症する方もいらっしゃいます。症状が酷く辛い場合は、更年期だから仕方がないと諦めたり、ご自身で抱え込んだりせず、婦人科を受診する事をおススメします。適切な治療を受ければ、辛い症状を改善する事が可能です。

女性であれば必ず通る道ですので、前向きに乗り越えたいものですよね。そうすればその先の人生もまた生き生きとしたものになるのではないでしょうか?

更年期障害の治療方法

医者

これらの更年期障害の症状は、治療薬によって改善させることもできます。人工的な女性ホルモン(結合型エストロゲン)を服用することで卵胞ホルモンが補充されます。補充されることによってホルモンバランスを整えることができるのです。完全に改善できるかは人それぞれですが、多くの方に改善がみられます。

この人工的な女性ホルモンは、不妊治療などにも使用されております。しかし長期使用することで子宮がんや乳がんのリスクが高くなってしまうのも事実です。その為、この治療薬を使用する場合は定期的に検査を行う必要があります。

プレマリンとは

プレマリン

プレマリンは、結合型エストロゲンを主成分とした、更年期障害や不妊症治療に効果的な治療薬です。更年期障害は、女性の閉経前後におこってしまう症状で急激な女性ホルモンの低下に体がついていけなくなって様々な症状が出てしまいます。そんな更年期障害の症状を改善できるのがプレマリンです。

プレマリンを服用することで、足りなくなっていた卵胞ホルモンを補充することができます。女性ホルモンのバランスが乱れて症状が出てしまうので、バランスを整えることによって症状を落ち着かせることができるのです。また、プレマリンにはエストロモンというジェネリックも販売されています。

プレマリンは通販で簡単に購入する事ができます。エストロモンも販売されています。病院に行かずに済むので、お忙しい方や病院に行くのが面倒な方は通販で利用するのがおすすめです。

>>プレマリンの詳細

有効成分エストロゲン

有効成分の結合型エストロゲンは服用することによって体の中で活性エストラジオールに変換され女性ホルモンとなり働いてくれます。その結果、更年期障害の症状を改善してくれるのです。また不妊症の場合はエストロゲン(卵胞ホルモン)、プロゲステロン(黄体ホルモン)の働きにより妊娠しやすくしてくれるのです。エストロゲンは妊娠にとって大事な役割をするので必要不可欠となります。

プレマリンの歴史は長く、エストロゲン薬の中でも代表的なものになります。女性ホルモン補充療法には欠かせない存在となっております。

>>エストロゲンの詳細

ホルモン補充療法

錠剤

更年期障害の症状が酷く、辛い方や日常生活を送るのに支障をきたすようでしたら、婦人科で不足しているホルモンを補うホルモン補充療法を受ける事が出来ます。経口薬や塗り薬、貼り薬などがあり、ご自身に合った治療法を選択する事も出来ます。しかしご自身のお体の状態によってはこのホルモン補充療法を受けられない場合もありますので、婦人科でしっかり検査を受ける事が必要です。また治療には比較的副作用の少ない漢方薬を使用する場合もあります。

漢方薬について

漢方薬は病気や怪我を負っているわけではないけれど、体が辛い、気分がすぐれない等といった不調を抱えている現代人は増えています。忙しい日々の中つい自分の健康管理を怠ってしまい、毎日が全力で過ごすことなどできずに過労やストレスが溜まってしまいなんともいえない不調に悩まされてしまいますよね。そんな不調な体に負担をかけずに予防したり改善してくれるのが漢方なのです。更年期障害の漢方治療を行う時は必ず医師から処方を受けなくてはなりません。漢方の取り扱いには深い知識が必要とされています。

>>更年期障害の漢方治療の詳細

更年期障害の予防方法

更年期障害は、日常生活でも予防する事ができます。簡単な予防方法は体操や食事の改善です。少しずつでも心がけて生活するようにするのがおすすめです。

体操で更年期障害を予防

更年期障害を和らげる体操がとても大切だと知っていましたか?更年期になると体は自然と老化し始め、体力が低下します。すると更年期障害の症状が起こりやすくなってしまいます。ちなみに中度の運動や体操をしている人は、最も更年期の不調が軽いのです。更年期障害と上手に付き合う為には適度な運動や体操が効果的です。カロリーを消化するだけではなく体力づくりやメンタルケアの面でも効果があります。ではどんな運動や体操をすれば、不調が軽くなるのでしょうか。

>>更年期障害を和らげる体操の詳細

食事で更年期障害を予防

更年期障害は、女性ホルモンの減少に体が驚いて様々な症状を体に出してきます。それが更年期の症状になります。更年期障害は加齢にともない自然に現れる体の変化ですが、人によっては強く症状が出てしまう方もいます。更年期障害を改善させるには1番いいのはホルモン療法が効果的なのですが、それにプラスして女性ホルモンをサポートしてくれる食材を日々取り入れる事で更年期障害を和らげる食事を心掛けましょう。

>>更年期障害を和らげる食事の詳細 

閉経と更年期障害

更年期と女性ホルモン

閉経とは一言で簡単に言ってしまえば、生理がなくなることです。
加齢により卵巣の機能が低下する事で、生理のサイクルが不規則になります。今までは概ね28日周期で毎月来ていた生理が数ヶ月来なくなってはまた来たりと徐々にその間隔が開くようになる場合や、逆に生理周期が短くなる場合、生理周期が短くなったり長くなったりを繰り返す場合もあります。これは閉経の予兆とも言える症状です。

しかし、いきなり生理が来なくなって閉経を迎える方もいらっしゃいますし、必ずしも全員が同じような過程を辿るとは限りません。医学的には前回の生理が終わってから1年が経過しても生理が来ない場合、閉経したと位置づけています。閉経が近づくと女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが急激に減少しますので、実際に閉経しているのかどうかは婦人科で血液検査を受け、女性ホルモンの量を診ることで判断する事が出来ます。

加齢による卵巣機能

しかしこのエストロゲンは生涯、分泌され続けるわけではありません。女性は加齢により徐々に卵巣の機能が低下し、誰しもが閉経を迎えます。閉経を迎える前後約10年間を更年期と呼び、個人差はありますがこの時期に生理不順が起きたり、更年期障害に悩まされる女性はとても多いのです。

エストロゲンはこの更年期の時期を迎える頃になると分泌される量が減少してしまうのです。その結果、さまざまな症状が体や心に現れ始めます。主な症状はイライラや火照り、生理不順、不正出血、集中力の低下、不眠、抗うつ、頭痛、眩暈、しびれなどが挙げられます。

更年期の後半になると頻尿や、尿もれ、子宮脱、肩こり、しみ、しわ、たるみなども現れます。閉経後は更にエストロゲンの分泌量は激減し、血圧が高くなったり、骨粗鬆症などの症状も現れます。医療が進歩した事や栄養状態が良い生活環境により女性の平均寿命は今や85歳です。閉経後の約30年間をエストロゲンが分泌されない状態で過ごしていかなければなりません。

更年期障害のはじまり

女性であれば避けて通る事の出来ない自然な現象ですが、女性の体にとって大きな変化である事は間違いありません。それによりさまざまな体の不調、心の不調が現れます。

閉経自体は遅らす方法はありませんが、生活習慣やストレス、喫煙が閉経を早める可能性があります。閉経する前後10年間程度を更年期と呼び、思春期と同じように誰もが通過するただの期間です。問題なのはこの期間に起きる体や心の不調で、それを更年期障害と呼びます。

閉経の平均年齢は日本人女性ですとだいたい50歳位ですので、更年期は45歳位から55歳位までの期間と言えます。しかし、早い方ですと40代に入って更年期の症状が現れる方もいらっしゃいますし、生理の周期や量が今までとは違うと感じるのも40代に入ってからが多いようです。

若年性更年期障害とは

若年性更年期障害ホルモンバランスが崩れる事が原因であり、なぜ崩れてしまうのかというと無理なダイエット、不規則な生活や、食生活によりホルモンバランスが乱れてしまったり、環境の変化やストレスなども原因とされています。若年性更年期障害の症状には、個人差があり、ほとんど気にならないほどの症状の人も居れば、日常生活も満足に出来ない症状の人もいます。どんな症状があるかと言うと、更年期障害とあまり違いはなく、下記のような症状が出ます。

・顔のほてりやのぼせ。(ホットフラッシュ)
・大量の汗をかいたり、顔から汗が止まらない。
・生理不順や不正出血。
・イライラ、疲れ、頭痛、めまい、ふらつき、耳鳴りなど。
・手足の冷え。

このよう症状があらわれたら若年性更年期障害の可能性があります。

>>若年性更年期障害の詳細

男性更年期障害とは

男性更年期障害も段々と知られていくようになりましたが、その診断や治療は医学の世界でもまだ新しい領域です。LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)という表現が採用されたばかりです。簡単に言えば加齢による体の変化による諸々の症状になります。男性更年期障害は全ての男性がなるというわけではなく、例えば40歳~50歳代のデスクワークが多い管理職や、几帳面な人や真面目な人ほどかかりやすと言われています。発症年齢も女性と数年間であるが、男性の場合は30代後半から60代、70代といつでも発症の可能性があります。また女性よりも長時間辛い思いをする事もあります。

>>男性更年期障害の詳細

更年期障害のまとめ

更年期になると、体だけじゃなく、精神的にも今までにない症状がでてしまいとても辛いですよね。一番大変なのは、やる気がなくなってしまいそこからうつ病のようになってしまいます。更年期を上手く乗り越えるには正しい対処方法を見つけだす事が大切です。またなるべく早い段階で更年期障害対策をスタートさせる事が大切です。「調子がおかしい」という時は病院で診察してもらうのも選択肢の一つですが、通販を利用すれば病院に行く必要もなく、病院で処方されるのと同じ治療薬のプレマリンやジェネリックのエストロモンを安く簡単に購入できます。

更年期障害にプレマリン